お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

メルマガ第三十一号

******************************************************
重賞どうでしょう                 0031号
******************************************************
発行日 2014年5月2日

 

------------------------------------------------------
青葉賞の穴馬考察
------------------------------------------------------

 

 

 

青葉賞の穴パターンは2つです。

 

1、世界的な超良血にも関わらず、日本では馴染みがないために、人気がない。または、現役時代超強かった馬の血を継いでいるのに、種牡馬成績が芳しくなく、人気がない馬。

 

アポソロニック、ヒラボクディープ(母父ストームキャット)、マッハヴェロシティ(母父タイキシャトル)など

 

2、自身、もしくは、子どもが2400G1を勝っている2400G1血統を持ちながら、
人気のない馬。

 

エタンダール、ステラウインドなど。

 

そんな中、
ファーガソンに今回は注目したいと思います。

 

マンハッタンカフェ×ラムタラ

 

ラムタラは奇跡の馬と呼ばれた馬で、
2400メートルの欧州3冠をすべて勝利。

 

父・マンハッタンカフェは、2400のG1勝利こそないものの、
ブエナビスタと戦い、ジャパンカップでも遜色ない競馬をしたレッドディザイアを輩出。

 

マンカフェ×ニジンスキー系は、
単復論などの著書で有名な境氏も話している通り、
隠れたニックス。

 

というか、芝G1勝ちした
レッドディザイア
ヒルノダムール
ジョーカプチーノ
すべて母父系はニジンスキーでした。

 

そして、ヒルノダムールの全弟なんですね。

 

青葉賞に集まっているメンバーで、
後ろからまとめて差し切る芸当はほぼ不可能。

 

ある程度前目につけながら、
きっちり末脚を伸ばせる馬がいいでしょう。

 

結果がなかなか出なかったものの、
岩田騎手に3戦連続こだわったのは、この馬の素質を高く陣営が評価していたからでしょう。

 

さらに、
密かに上手い騎手としてネットで有名なのが、
武士沢騎手。

 

関東の騎手は腕はいいのに、
なかなか陽のあたる場所に出てこられない騎手がたくさんいます。

 

やっと田辺騎手が出てきましたが、
北村騎手なんかも本当はもっと活躍していい騎手ですよね。

 

 

話がそれました。

 

今回のこの青葉賞は、
前目で勝負できる馬で、末が伸ばせる馬がポイントといいました。

 

芝2400G1血統×ダート&芝1600G1血統が理想です。
ダートか1600G1血統はどちらかがあればいいですが、理想はどちらも。

 

そのどちらもを満たしつつ、血統的に注目できるのが、
ファーガソンです。

 

ちなみに、2009年には、
マッハヴェロシティが過去7人気2着。
父はマンハッタンカフェです。

 

芝2400のイメージがないからこそ、
買えるSS系種牡馬です。

 

ここで、3着以内に入れるなら、
ダービーでも。

 

そう考えています。

 

これを書いていたいのが、昨日なんですが、
なんと、ナンヨーマークが全く人気がありません。

 

複勝でも20倍くらいついていますので、
一枚抑えておきたいですね。

 

東京芝2400メートルは、
ゼンノロブロイ産駒の得意舞台。

 

アドミラルシップが人気していて、
大外の横山騎手ですから、ちょっと狙いづらいですね(笑)

 

というわけで、ゼンノロブロイで面白そうな馬はナンヨーマーク。

 

注目したいと思います。

 

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
編集後記
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

今週は重賞が少なくていいですね。
じっくり予想できます。

 

天皇賞(春)はキズナの走りに注目です。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メニュー

メルマガ第三十一号関連ページ

メルマガ第一号
競馬大百科事典のメルマガです。第一号メルマガです。
メルマガ第二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第八号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第九号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十一号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十三号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十八号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十九号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十一号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十三号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十八号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十九号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十三号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十八号
競馬大百科事典のメルマガです。