無料メルマガ講座のお知らせ

追い切りでわかる狙い馬とは?

追い切りに隠された馬の見抜き方をお伝えします。そのレースで走る馬、これから追いかけたほうがいい馬。注目してみてください。

無料メルマガ講座

2013/03/23 16:31:23 | 追い切り(調教編)
こんにちは、佐伯です。追い切り(調教)の種類で走る馬がわかるなんて、あなたは信じますか?まずは論より証拠。こちらをご覧ください。2013年3月重賞追い切り一覧【記録室】たとえば、フィリーズレビューは、坂路調教だけの馬しかおらず。弥生賞や中山牝馬Sは、トラックコースの馬しかいません。つまり、コースによって、相性の良い追い切り(調教)があるということです。新聞の追い切り欄を良く見てください。レースによって、坂路調教の馬が多かったり、トラック調教の馬が多かったりします。基本的には、坂路調教は、栗東坂路と美浦(南)坂路。それ以外はトラック調教になります。傾向としては、距離が短くなれば、坂路調教が有利。...
2013/02/21 21:22:21 | 追い切り(調教編)
どうも、佐伯です。とっても、簡単な坂路馬券をお教えします。まずは、2013年の重賞の追い切り一覧をご覧ください。フェブラリーS終了時点の重賞11レース中9頭が、栗東の坂路調教のラスト最速の馬。なんです。同タイムの場合でも、その2頭が来ている場合もあります。新聞を見て、栗東坂路のラスト1F最速の馬。それを買うだけで、11レース中9頭の馬券にありつけるわけです。とっても、簡単なのに、まだ割と知られていない調教とレースの関係。これはおいしいですよね?どうして、栗東の坂路調教の馬は活躍するのか?栗東の坂路は、直線の800メートルのコース。もともと傾斜がきついんですが、スタートして300メートルが傾斜5...