お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

追い切り(調教)の種類でわかるそのレースで狙いたい馬。

 

こんにちは、佐伯です。
追い切り(調教)の種類で走る馬がわかるなんて、あなたは信じますか?
まずは論より証拠。
こちらをご覧ください。
2013年3月重賞追い切り一覧【記録室】

 

たとえば、
フィリーズレビューは、坂路調教だけの馬しかおらず。
弥生賞や中山牝馬Sは、トラックコースの馬しかいません。

 

つまり、コースによって、相性の良い追い切り(調教)があるということです。

 

新聞の追い切り欄を良く見てください。
レースによって、坂路調教の馬が多かったり、
トラック調教の馬が多かったりします。

 

基本的には、
坂路調教は、栗東坂路と美浦(南)坂路。
それ以外はトラック調教になります。

 

傾向としては、
距離が短くなれば、坂路調教が有利。
長ければトラックコース。

 

差しが届くような競馬場では、坂路調教が有利。
先行して粘れるコースは、トラックコースが有利。

 

僕は今のところ、そんなふうに考えています。

 

細かい小技は次の記事に任せるとして、
さらに一歩、狙える馬を絞ります。

 

それは、
坂路調教有利なコースでは、4F最速かラスト1F最速の馬を。
トラックコースでは、6F最速かラスト1F最速の馬を狙う必要があります。

 

もちろん、調教のコースは同じ種類のものを比較してください。

 

栗東の坂路なら栗東の坂路のタイムを比較してください。
2頭しかいなかったとしても、速いほうを選びます。

 

それだけでも、狙える馬が絞れるんです。

 

2013年3月重賞追い切り一覧【記録室】

 

こちらで、随時、重賞だけですが、追い切りコース。
ラスト最速だったかどうかなど可能な限り載せています。

 

ぜひ、参考にしてみてください。

メニュー

追い切り(調教)の種類でわかるそのレースで狙いたい馬関連ページ

追い切り(調教)でわかるそのレースで狙いたい馬
追い切りを見るだけで、そのレースで狙える馬がわかります。とっても、簡単なのに、あんまりみんな気づいていない追い切りのコースとは?