お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

メルマガ第十三号

******************************************************
重賞どうでしょう                 0013号
******************************************************
発効日 2014年3月2日

 

------------------------------------------------------
中山記念と阪急杯の穴馬
------------------------------------------------------

 

 

結論から言うと、
中山記念はダイワファルコン
阪急杯はエピセアローム

 

です。

 

さて、理由を書いていきます。

 

その前に昨日はすみませんでした。
素直な予想の方が当たっていましたね。

 

ただ、基本的には人と同じ予想は嫌なので、
ひねる癖があるんです。

 

私はTAROの競馬のTAROさんの有料メルマガとサイトでも紹介している
ザ・シークレット・ホースのメルマガを取っています。

 

そこで、本命が被ると変えたくなるわけです。

 

有料予想にのっかったほうがそりゃあ、当たる確率は上がるんですが、
それは私自身のこだわり、と言いますか。

 

そのあたりの素直さを手に入れて、
もう少し予想がうまくなればいいんですが。

 

話がずれましたね。

 

まず、中山記念から。

 

まずは、過去4年の1着馬の血統を見てみましょう。
ナカヤマナイト
ステイゴールド×カコイシーズ
フェデラリスト
エンパイアメーカー×サンデーサイレンス(ダンスパートナー)
ヴィクトワールピサ
ネオユニヴァース×マキャベリアン
トーセンクラウン
オペラハウス×ダンシングブレーヴ

 

ステイゴールドは言わずと知れた屈指のスタミナ血統。
フェデラリストの母はダンスパートナーで牝馬でありながら菊花賞にも挑戦した馬。
ダンスインザダークの兄弟でスタミナ豊富。
マキャベリアンはミスプロ系でありながら、超長距離G1馬を輩出。
オペラハウスとダンシングブレーヴにいたっては、凱旋門賞血統×凱旋門賞血統で、
なぜ、日本で走らせたのか(笑)と言いたくなる血統。

 

長距離血統×芝ダートG1がいいようですね。
上から、カコイシーズは現役は欧州の1600G1を勝ち、日本に来てからはダートG1馬を出しています。
エンパイアメーカーもネオユニヴァースも、芝とダートG1馬を輩出。
オペラハウスも日本で両方のG1馬を出しているんですね。

 

ダイワファルコンは、
父ジャングルポケットで今の日本競馬では屈指の長距離血統。
母父サンデーサイレンスは芝ダート兼用血統でした。

 

また、2008年はノーザンテーストを母父に持つ馬が2頭馬券になり、
2009年も馬券になっています。

 

ダイワファルコンの母母父はノーザンテースト。

 

しかも、福島記念から1・5キロ軽くなります。

 

後の注目は、ユールシンギング。
父も母父も長距離血統でありながら、芝ダート兼用血統。
オッズを見ていたら、こっちが魅力的にうつりますね。

 

さて、次は、阪急杯。

 

このレースのおすすめは、エピセアローム。

 

このレースのポイントは、
東京芝1600G1血統。

 

このレースのリピーター・サンカルロ
この血統はシンボリクリスエス×クラフティプロスペクター
どちらも、安田記念の勝ち馬をだしています。

 

エピセアロームの血統は、
ダイワメジャー×コジーン

 

この血統もどちらも、東京1600G1馬を出している血統。

 

もう少し付け加えると、
このレースはオークス血統が穴をあけるんですね。
2008年6人気3着ローブデコルテ
そもそもオークス馬の父コジーン。
その時の3人気1着ローレルゲレイロの父キングヘイローは、オークス馬輩出。
2011年5人気3着フラガラッハの父デュランダルもオークス馬輩出。
2013年1人気できっちり勝ちきったロードカナロアの父キングカメハメハもオークス馬輩出。

 

エピセアロームもその条件を満たしています。

 

後は、ちょっと外寄りなので、
松山騎手の腕に期待。

 

もう一頭のおすすめは、
マヤノリュウジン

 

G13着馬なのに、人気がなさすぎるので、
後は、内枠というのがいいですね。

 

このレースはやっぱり、内枠が有利。

 

人気のコパノリチャードはそのまますんなり行けると思います。

 

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
編集後記
□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

 

 

インフルエンザを利用して、
水曜どうでしょうを見まくりました。

 

シェフ大泉スペシャルは何度見ても、
笑ってしまいますね。

 

おい、パイ食わねえか。

 

は、名台詞ですね。

 

まあ、でも、インフルエンザにはならないことをおすすめします。

 

正直、しんどいですからね。

 

メニュー

メルマガ第十三号関連ページ

メルマガ第一号
競馬大百科事典のメルマガです。第一号メルマガです。
メルマガ第二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第八号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第九号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十一号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十八号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第十九号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十一号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十三号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十八号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第二十九号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十一号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十二号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十三号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十四号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十五号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十六号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十七号
競馬大百科事典のメルマガです。
メルマガ第三十八号
競馬大百科事典のメルマガです。