お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

2014年スプリングSの予想のポイント

 

スプリングステークスは、皐月賞への登竜門。
去年はディープブリランテ。
過去にはオルフェーヴル、ローズキングダム、スマイルジャックなど。
馬券になった馬は、将来にわたって活躍する馬も多々います。
隠れた才能を見いだせるかどうかが問われるレースですね。
そして、1年おきに皐月賞馬が出ているレース。
2009年アンライバルド
2011年オルフェーヴル
2013年ロゴタイプ
ということは、2014年は?

 

なんて言ってると、
ここから皐月賞馬がでそうですね。


 

スプリングステークス。
中山競馬場芝の1800の重賞。
前走重賞好走馬は好走しやすい。
内の有利不利が見えない。
2014年は、東京芝1600G1血統に注目。
サドラーズウェルズの血にも注目です。
なければ、ノーザンダンサーの血に注目のレースです。

 

 

難解なレースですが、
ヒントはあります。
今年のポイントは、ノーザンダンサー系です。


 

 

今年の注目はベルキャニオン。
穴っぽいところはこの後に。


 

 

スプリングSの血統傾向は、
本当に難解ですね。
過去、5年、ほとんどがバラバラの種牡馬です。
キングカメハメハくらいですね。
では、見ていきましょう。


 

2013年 良馬場
5・ロゴタイプ@ ローエングリン×サンデーサイレンス
2・タマモベストプレイB フジキセキ×ノーザンテースト
15・マイネルホウオウJ スズカフェニックス×フレンチデピュティ

 

2012年 重馬場
14・グランデッツァB アグネスタキオン×Marju(ラストタイクーン産駒)
9・ディープブリランテ@ ディープインパクト×Loup Sauvage(リヴァーマン・ネヴァーベンド系)
4・ロジメジャーI ダイワメジャー×Cryptoclearance(ミスプロ系)

 

2010年 良馬場
5・アリゼオA シンボリクリスエス×フジキセキ
2・ゲシュタルトI マンハッタンカフェ×エンドスウィープ
3・ローズキングダム@ キングカメハメハ×サンデーサイレンス

 

2009年 良馬場
12・アンライバルド@ ネオユニヴァース×サドラーズウェルズ
7・レッドスパーダG タイキシャトル×ストームキャット
2・フィフスペトルA キングカメハメハ×Bahri(父リヴァーマン・ネヴァーベンド系)

 

 

昨年は、ラストタイクーンの血に注目しました。
今年は、フジキセキの血に注目です。
ロサギガンティアは、前走もレベルが高かったですし、注目ですね。
アドマイヤヤングにも注目です。
それから、ノーザンダンサー系を持つマイルっぽい血統の馬にも注目ですよ。
探してみてくださいね。
では。


 

 

その血統になると、
やはり、ベルキャニオンになりますね。
そして、アジアエクスプレス。
今年は人気で決まりそうですね。


 

 

オールステイにも注目かな。
父ケープクロスは、マイルG1馬を海外で出しているんだよね。
軸に買うにはちょっと不安だけど。


 

 

それから、2013年でも言っていましたが、
共同通信杯から1頭は来るようですね。
面白い傾向なのは、
父SS系×スタミナ血統の馬の場合は距離短縮の馬がいいですね。
フローテーション(2008年)やアンライバルド・グランデッツァがこれにあてはまります。
基本、人気で信頼ですね。
ダート血統が父か母父にある馬は、距離延長で馬券に絡みますし、
意外に条件戦からでも馬券になっています。
レッドスパーダやゲシュタルトが馬券になっています。
8番人気10番人気の人気薄で馬券になっているのが面白いですね。
人気馬だとフィフスペトルやローズキングダムが朝日杯から馬券になっています。
出走確定してから確認すると良いですよ。


 

 

推測だけど、
理由は難しいけど、ダート血統を持っている馬は、
1600の忙しい競馬の経験のおかげで、いい位置につけられて、
スタミナ血統を持つ馬は、前走の距離の長い経験によって、
能力で押し切れるような競馬ができる。
っていうことだと解釈しています。


 

 

クラリティシチーは、
両方の血統を持っていて、注目ですね。
崩れていないですし、極端な枠さえひかなければと思います。


 

 

後は、クインズハリジャン。
SS系×ノーザンダンサー系はやっぱりこのレース注目だよね。


 

 

出走確定が待ち遠しいです。


 

 

一頭注目している馬もいるし、
出走確定すればメルマガで配信したいと思います。


 

スプリングステークスまとめ

 

  • 距離延長組みは、ヘイロー系×ダート系かつ内枠(8番より内9
  • 距離短縮組みは、SS系×スタミナ血統(1〜3人気は信頼)
  • ラストタイクーンの血が生きる。種牡馬ならキングカメハメハ。
  • リヴァーマンの血にも注目。(2013年・2014年は該当馬なし)
  • 2人の話にはありませんが、トラックコースの調教馬に注目。
  • 坂路調教馬は、栗東所属で、
  • 逃げ先行なら4Fが最も速い馬。
  • 差しや追込みならラスト1Fが最も速い馬に注目。

 

以上を参考にして、馬券的中につなげてください。

2013年スプリングSの予想のポイント

 

スプリングステークスは、皐月賞への登竜門。
去年はディープブリランテ。
過去にはオルフェーヴル、ローズキングダム、スマイルジャックなど。
馬券になった馬は、将来にわたって活躍する馬も多々います。
隠れた才能を見いだせるかどうかが問われるレースですね。


 

スプリングステークス。
中山競馬場芝の1800の重賞。
前走重賞好走馬は好走しやすい。
内の有利不利が見えない。
ダート血統を持つ馬は、距離延長。
SS×スタミナ血統は距離短縮がいい。
非常に難解なレース。
キングカメハメハ産駒には注意。

 

 

スプリングSの血統傾向は、
本当に難解ですね。
過去、5年、ほとんどがバラバラの種牡馬です。
キングカメハメハくらいですね。
では、見ていきましょう。


 

2012年 重馬場
14・グランデッツァB アグネスタキオン×Marju(ラストタイクーン産駒)
9・ディープブリランテ@ ディープインパクト×Loup Sauvage(リヴァーマン・ネヴァーベンド系)
4・ロジメジャーI ダイワメジャー×Cryptoclearance(ミスプロ系)

 

2010年 良馬場
5・アリゼオA シンボリクリスエス×フジキセキ
2・ゲシュタルトI マンハッタンカフェ×エンドスウィープ
3・ローズキングダム@ キングカメハメハ×サンデーサイレンス

 

2009年 良馬場
12・アンライバルド@ ネオユニヴァース×サドラーズウェルズ
7・レッドスパーダG タイキシャトル×ストームキャット
2・フィフスペトルA キングカメハメハ×Bahri(父リヴァーマン・ネヴァーベンド系)

 

 

見ていただくとわかりますが、ラストタイクーンの血が毎年馬券になっています。
キングカメハメハの血統にはラストタイクーンが入っていて、
グランデッツァにも入っています。
大外枠という決して条件としては恵まれたわけではないのに、
1位になっているということは、相性がいいのでしょう。
後は、リヴァーマン(ネヴァーベンド系)の血ですね。
後はヘイロー系×ダート血統というのが、穴パターンのようですね。
では。


 

 

詳しい説明ありがとうございます。
SS系が1頭は絡みますが、この馬が有利というのではなく、
3人気以内のSS系を父か母父に持つ馬は信頼。
穴をあけるのはSS×ダート血統のようですね。
レッドスパーダのようにヘイロー系×アメリカダート血統もよさそうです。


 

 

丁寧にみると、意外に絞れそうですね。
ローテーション的にはどうなの?


 

 

共同通信杯から1頭は来るようですね。
面白い傾向なのは、
父SS系×スタミナ血統の馬の場合は距離短縮の馬がいいですね。
フローテーション(2008年)やアンライバルド・グランデッツァがこれにあてはまります。
基本、人気で信頼ですね。
ダート血統が父か母父にある馬は、距離延長で馬券に絡みますし、
意外に条件戦からでも馬券になっています。
レッドスパーダやゲシュタルトが馬券になっています。
8番人気10番人気の人気薄で馬券になっているのが面白いですね。
人気馬だとフィフスペトルやローズキングダムが朝日杯から馬券になっています。


 

 

う〜ん。
理由は難しいけど、ダート血統を持っている馬は、
1600の忙しい競馬の経験のおかげで、いい位置につけられて、
スタミナ血統を持つ馬は、前走の距離の長い経験によって、
能力で押し切れるような競馬ができる。
っていうことかな。


 

 

そうだと思います。
ダート血統があるとすっと前につけられるのが特徴です。
馬は前走のペースを覚えているって、ある馬券師さんも言っています。
だから、良い位置につけられる。
スタミナのある馬は、長い距離を走った経験から、
多少の無理なコース取りでも走りきれる、ということではないでしょうか。
グランデッツァなんかは、そうでしたね。


 

 

サエちゃん・・・・
できたら、注目血統を持つ馬とローテーションが合う馬を、教えてほしいんだけど。。。。


 

 

しょうがないですね。
抽選待ちの馬もいるので、確実とは言えませんが。
距離短縮のSS×スタミナ血統の馬
アクションスター
シンネン
テイエムダイパワー
フェイムゲーム
距離延長のヘイロー系××ダート血統
サーストンニュース
マイネルホウオウ
になります。
抽選結果と枠と人気で取捨選択したいですね。
距離延長のヘイロー系×ダート血統は、
内枠のほうがいいです。
こんなものでいいですか?


 

 

これで、狙える馬の枠順を待つだけね。
ありがとう、サエちゃん。
スプリングS、当たりそうです!


 

スプリングステークスまとめ

 

  • 距離延長組みは、ヘイロー系×ダート系かつ内枠(8番より内9
  • 距離短縮組みは、SS系×スタミナ血統(1〜3人気は信頼)
  • ラストタイクーンの血が生きる。種牡馬ならキングカメハメハ。
  • リヴァーマンの血にも注目。(2013年は該当馬なし)
  • 2人の話にはありませんが、トラックコースの調教馬に注目。
  • 坂路調教馬は、栗東所属で、
  • 逃げ先行なら4Fが最も速い馬。
  • 差しや追込みならラスト1Fが最も速い馬に注目。

 

以上を参考にして、馬券的中につなげてください

スプリングステークスの予想関連ページ

オーシャンステークスの予想・血統のポイント
オーシャンステークスの予想のポイントを紹介しています。かなり荒れることで知られるオーシャンS。当てるためにはおさえるべきポイントがあります。
チューリップ賞の血統予想ポイント
桜花賞の最重要ステップレース。チューリップ賞。このレースの3着馬は桜花賞で穴をあけますね。このレースも、この次のレースにとっても、重要なレースですね。
弥生賞の予想ポイント【血統で見るおすすめ種牡馬は?】
皐月賞の最重要ステップレース弥生賞。ここを楽に勝てる馬は、基本的に皐月賞を完勝します。1番人気が強いレースではりますが、意外に穴馬も来て、荒れるレース。さて、今年は?
中日新聞杯の予想のポイント〜血統から見る激走穴馬とは?
新装中京競馬場になって2年が経ちました。実質、第3回目の中日新聞杯。新しい中京競馬場でどのような馬が来るのか、去年の傾向から探ります。
中山牝馬Sの狙い目〜血統から予想する穴馬の正体
中山牝馬ステークスは、荒れる重賞として有名。過去、5年で1〜3番人気の馬が来ていないレースです。これを当てられるなら競馬玄人ですね。当てるためのヒントはこちらに用意しています。
フィリーズレビューの予想ポイント
桜花賞へのステップレース。フィリーズレビュー。基本的には桜花賞に直結しないと言われるレースですが、レジネッタやアイムユアーズなど、無視はできませんね。
フラワーカップの傾向&予想のポイント
フラワーカップは、桜花賞への最終切符。ただし、有力馬はすでにトライアルを経た後なので、あの有名血統の馬が、穴をあけます。
ファルコンステークスの予想のポイント
ファルコンステークスの予想のポイントを紹介します。新中京競馬場になって、ファルコンステークスの傾向はどうなったのか?探っていこうと思います。
阪神大賞典を血統から予想する
阪神大賞典の予想のポイントとは?ディープインパクト以来1番人気が勝ってはいません。が、2013年はゴールドシップが勝つでしょう。固いレースですが、紐は荒れるかもしれません。
日経賞の予想のポイントとは?
日経賞は有馬記念と同じ、中山競馬場2500メートルのレース。渋い血統を持つ馬が時に、好走し、大穴をあけることがあります。今年好走する馬の条件は?
毎日杯の予想のポイント【血統から読み解く穴馬は?】
比較的固い決着の多いレース。穴をあけるのはダート組みですが、そういうレースこそ少しひねることで穴馬を見つけられるかもしれませんね。その馬とは?
マーチステークスの予想|血統から見ると○○の血に注目
マーチステークスの予想のポイントとは?ダートの1800という特殊コースト、中山競馬場のダートのポイントとは?荒れるレース、楽しみながら馬券を獲りたいですね。
高松宮記念の予想〜血統で見る穴馬の条件
春のG1の開幕を告げるスプリント戦。荒れる時は荒れる。そうじゃない時は、とことん固い。そんなレースです。新中京競馬場になり、傾向がつかめないままですが、果たしてどうなるのでしょうか?
血統で見るダービー卿CTの予想のポイント
春の荒れるマイル戦と言えば、このダービー卿チャレンジトロフィー。中山のマイル戦はやはり荒れますね。荒れる中山マイルで生きる血は?
3強は3強なのか!大阪杯の血統からの穴馬予想!
2014年は、エピファネイア、キズナ、メイショウマンボが揃った楽しみな1戦。だからこそ、一角に切り込める馬を探したいですね!