お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

2014年のアーリントンカップの重賞の予想ポイント|血統から見る穴馬とは?

 

昨年はレッドジャイヴ本命ではずしてしまったアーリントンカップ。
2014年は当てたいですね。


 

アーリントンカップとは。
阪神競馬場芝1600の重賞。
阪神の開幕週なので内枠の先行馬が有利。
ミッキーアイルは有力だといえるでしょう。

 

 

なかなか難しい重賞だね。
2013年は1・2・4番人気。
2011年は4・11・5番人気。
10番人気以下の馬も過去6年で3回走っているレースだね。


 

 

そうですね。
SS系×欧州血統が良さそうですよ。


 

 

と、言うことを見つけると、
そんな血統ばかりが登録しているんですけどね。


 

2013年 良馬場
6・コパノリチャード@ ダイワメジャー×トニービン
3・カオスモスA マイネルラヴ×ファルブラヴ
2・レッドアリオンC アグネスタキオン×ダンシングブレーヴ

 

2012年 良馬場
13・ジャスタウェイA ハーツクライ×ワイルドアゲイン
2・オリービンB ダイワメジャー×ジルザル
3・アルキメデスE アドマイヤムーン×シーキングザゴールド

 

20011年 良馬場
12・ノーザンリバーC アグネスタキオン×マキャベリアン
3・キョウエイバサラJ オージールーズ×コジーン
2・テイエムオオタカD ホワイトマズル×ネヴァーダンス

 

2010年 良馬場
7・コスモセンサーD キングカメハメハ×リヴリア
3・ザタイキ@ アグネスタキオン×トニービン
13・レトG ザカリヤ×コマンダーインチーフ

 

 

今年は、SS系×欧州血統は多いんですよ。
ディープ産駒はだいたいそうという今回。
期待したいのが、グッドスピリッツ。
デュランダル×サドラーズウェルズです。
もともと逃げていた馬。うまく先行させてくれればと思います。
では。


 

 

開幕だし、ミッキーアイルでかたいだろうな。
ウインフルブルームにも完勝だったし、ここはさからえないね。


 

 

そんなこと言ってると、
良い馬券は取れませんよ。
私はデュランダル産駒でも、マキャヴィティに注目です。
内枠を取れれば面白いと思いますよ。
このレースは、ダート的な要素を持っていて、うまく先行できそうな馬が穴をあけます。
もうすでに、ミッキーアイルは賞金が足りています。
うまく、見ながらすすめば勝てるかもしれません。


 

 

最初からあきらめていたらダメだということだね。


 

 

それに、マイネルラヴ産駒の1200G1血統がきていたりするので、
ヨハネスブルグ産駒のタガノブルグは面白そうですよ。
母父スペシャルウィークはダートG1も出している種牡馬。
人気がないなら狙えますね。


 

アーリントンカップまとめ。
芝1600〜2400血統×ダートG1血統
近年は芝1600×芝1600血統になっている。
穴になるのが、芝1200G1血統。
今年はディープインパクト産駒であてはまる馬が多い。
ディープが複数いる場合、基本的に1〜2番人気している産駒がいるなら、
他のディープインパクト産駒はあまり重要視しないほうがいい。
穴は、ディープインパクト産駒以外から見つけたいですね。

 

 

 

アーリントンC穴馬

の予想をもらうなら!

ザ・シークレット・ホース

 

 

 

 

アーリントンCの予想なら!

 

 

 

アーリントンC単勝

で当てるなら!

単撃

 

 

 

 

 

 

アーリントンCの単勝なら!

 

 

当サイトから購入していただくと、オープン競走事典をプレゼントしています。
購入IDをお知らせください。

 

2013年のアーリントンカップの予想

 

このアーリントンカップは、僕でも予想ができそうだ。
阪神競馬場の開幕週。
ここは、内枠の先行馬だね。


 

 

そうですね。開幕の阪神競馬場の1600は、
それでいいと思います。
ただ、狙いが簡単な分、気をつけなければいけない点もあります。


 

阪神競馬場の芝1600メートルの重賞。
NHKマイルカップへつながる1戦。
基本的には、
内枠の先行馬。
1番人気でもコロッと負ける。
ダート経験馬やダート血統が走る。
アグネスタキオン産駒に注目。

 

 

1番人気というだけで信じないほうがいいんだね。
こういう時こそ、思い切り狙うのがポイント。
じゃあ、いつも通り、さらに詳しいポイントを教えてもらっていいかな?


 

 

1〜2番人気で、過去5年以内に馬券になったのは、1回ずつ。
これは重賞のなかでもかなり低い確率ですね。
ザタイキとジャスタウウェイです。
この2頭に共通することがあるんです。
この2頭の血統は、アグネスタキオン×トニービン。
それと、父ハーツクライでした。


 

 

なるほど〜。
SS×グレイソブリンの人気馬は、
走れるかもしれないってことだね。
ジャスタウェイは、その後も活躍しているし、
ここを人気で好走すると、それなりに強いってことか。


 

 

そうなりますね。
基本的には前に行って、残ることが重要なレースです。
桜花賞のイメージで行くとちょっと痛い目を見ると思います。
だから、
基本的には、ダート血統や、
近走ダート好走馬がいいです。
もちろん、前に行ける先行力も重要です。
後は、前走重賞で先行した馬ですね。
何度も言いますが、前に行けるかどうかがポイントで、そのまま押し切れるか、ということがポイントです。


 

 

なるほど、ダート血統だから、マル外もいいってことだね。
前走OP戦で好走して人気になっている馬。
前走、重賞に負けてこのレベルならって人気になる馬。
このあたりは、よくよく吟味しないといけないってことだね。
荒れそうだけど、難しいなぁ。


 

 

シンザン記念、きさらぎ賞で先行したけれど、
展開の不利があった馬の期待値が高いですね。
カオスモスは人気になると思いますが、騎手もダートで活躍した内田騎手なので、かなり有力だと思います。
それから、騎手は重要ですね。
和田騎手や川田騎手。福永騎手や武豊騎手もふわっと前にいけるのでいいですね。
あとは、前に行く意識の強いマイネル・コスモ軍団にも注目です。
これと決めた馬から、強気で行くのがポイントですね。


 

 

それから、外国人騎手がいいだろうね。
前で馬を剛腕で残せるから。アンチがまだいるから人気もそこまでしないし。
ただ、外国人騎手についてはもっともっと情報開示してほしい気もしますね。
外国人ジョッキーの特設HPで、レース映像とか流してくれると嬉しいなぁと思います。
まあ、2週間乗れば、確実に日本の競馬に慣れてくれるので、ある程度長くいる騎手は信頼できますね。


 

アーリントンカップのポイント

 

  • 内枠先行馬。
  • ダートで好走できそうな血統馬。
  • マル外。
  • 近走ダートで好走経験あり。(先行する馬)
  • コスモ・マイネル軍団にも注目。
  • 騎手なら、先行して強気に追える騎手か、ふわっと前に行ける騎手に注目。外国人騎手はもちろん注目。

 

このあたりがポイントになるでしょう。
ちなみに、2013年はコスモ・マイネルは出走しないようです。

 

 

 

 

人気サイドで決着しそうだけれど、
何かおすすめの馬はいる??


 

 

浜中騎手のレッドジャイヴです。
枠も不利ですし、買う要素はあまりないんですけど、
浜中騎手は今年最初の中央G1を勝ちました。
こういう騎手は、「勢い」といいますが、もちろん、神のような騎乗ができたりするんですが、
有力馬の出遅れや今までと違うペースになったりと、
「運」というものを味方にして、穴をあけるんですよね。
オルフェーヴルが3冠をした時の池添騎手も、もともとうまいんですが、何かが乗り移ったように、
重賞で穴をたくさんあけていました。


 

 

眉唾だけど、そういう部分って確かにあるよね。
重賞レースの穴馬は、人気のないリーディング上位騎手の馬ってパターンが多いし。
じゃあ、今年のアーリントンの注目馬は、
レッドジャイヴで。
ここで好走するようなら、今年の浜中騎手には本当に大注目ですね!


血統から見るアーリントンカップ(アーリントンC)の予想のポイント関連ページ

シルクロードステークスの予想〜血統からおすすめできる馬はこれ!
シルクどードステークスは、京都の芝1200の重賞。短距離戦なんですが、重要なのは、短距離に強い血統+あの世界的に有名な血統が必要なんです。
血統からは正直予想は無理かも・・・・根岸ステークスをそれでも予想します。
根岸ステークスは、ダートの中でも特に血統的な傾向がわかりづらい重賞です。今年も、どの馬を狙うか難しいレースですね。
良血馬3頭のせめぎ合い?きさらぎ賞の血統予想で炙り出される優位な馬は?
2014年のきさらぎ賞は、楽しみな馬が揃うレースとなりました。このレースに必要な血統とは?血統からこのレースを読み解きます。
2014年は豪華メンバーの東京新聞杯の予想を血統から
2014年は豪華メンバーがそろった東京新聞杯。安田記念かとも思える豪華メンバー。この中からどんな馬を選ぶのか、難しいところですね。それでも、血統から予想をしていきます。
マイナー系を狙う?メジャーを狙う?難しい選択を強いられるクイーンカップの重賞血統予想
クイーンカップは東京競馬場で行われる3歳牝馬の1600戦。当てるためには何が必要か?穴馬はどれかわかりやすく解説します。ポイントは、マイナーSS系の種牡馬です。
ダート&芝兼用血統に注目?共同通信杯の重賞予想
共同通信杯は過去はゴールドシップ、ディープブリランテが出た3歳クラシック登竜門。昨年は、マイネルストラーノなど、ちょいあれしたレースです。
1番人気は意外に勝てない!?京都記念を血統から予想する。
過去、テンポイントの最後のレースになったり、2013年はジャスタウェイが破れたり。ひそかに、波乱が起こるレースです。馬券的に大波乱はないですが、一番人気がころって負けてしまうレースでもあります。
荒れるなら当てたい!ダイヤモンドステークスの重賞予想ポイント
2月の重賞で面白いハンデ戦がこのダイヤモンドステークス。しっかり取って、フェブラリーSの軍資金にしたいですね。
ズバり当てたい!フェブラリーステークスの予想&注目血統
ホッコータルマエVSベルシャザール。東京のダート1600メートルで勝つのは?第3の馬がやってくるのか、注目のG1レースですね。
小倉大賞典の予想のポイント
フェブラリーSの裏にある名物重賞。小倉の1800を当てれるのって、G1当てるよりも嬉しいですよね。 それくらい難解だし、荒れやすいので、実は面白い重賞ですよね?
適正が上?実力が上?中山記念は血統から予想する
血統がものをいうレース。中山記念。天候が悪くなることも多いので、特に血統予想の重要性が増します。この中山記念でいい血統とは?
阪急杯の重賞予想
阪急杯も、アーリントンカップと同じです。この時期の阪神競馬場は、やはり内枠有利。芝の状態がいいうちは、やはり内枠ですね。さらに、狙い馬を絞るポイントとは?