お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術が、期間限定で5000円で買えます!

2018年1月23日17時までの期間限定価格です!

>>>>詳しくはこちら<<<<

東京の1600メートルはまた違う。コースの違いが穴馬を生む?フェブラリーSの予想を血統から。

 

>>>2016年のフェブラリーステークスの展望

 

 

さあ、ホッコータルマエ、ニホンピロアワーズ、ベルシャザール、ワンダーアキュート。
豪華絢爛。
ただ、若い馬が出られない可能性があるのが、
ダート界のネック。
もう少し、ステップレースを充実させてほしいですね。
ベテランVS若手の競馬がやはり競馬を盛り上げるので。


 

フェブラリーステークスとは?
東京競馬場ダート1600のG1。
忘れたころの復活があるレース。
テスタマッタやエスポワールシチーが、1年隔てて、穴をあけています。
サクセスブロッケンのように2年連続で走った馬は、人気より着順を下げています。
そして、大注目の種牡馬は、ブライアンズタイムです。
もちろん、ゴールドアリュールも必要です。
気になるのは、そんなにミスプロ系が走っていないことです。
キンカメ軍団がそれを破るでしょうか。
根岸ステークスの1着馬に優先出走権があります。できれば、2着までに増やしてほしいですね。

 

 

競馬最強の法則3月号の清水成駿氏の話にも合ったように、
優勝争いのできないような高齢馬ばかりになると、
ちょっと盛り下がるかもですね。
それでも、去年より豪華なメンバーが揃って楽しみです。


 

 

そうですね。
出られるのなら、アドマイヤロイヤルが楽しみですね。
ベルシャザールに武蔵野Sで負けはしましたが、
0秒1差で上がり3ハロンは、ベルシャザールを上回っていました。
それに斤量も1キロベルシャザールより重かったんです。
同じ斤量ならと思ってしまいますね。


 

 

左回りが強いのもいいね。
四位騎手ともあっていそうで、
久々に四位騎手の神騎乗が見たいですね。


 

 

では、血統を見てみましょう。


 

2013年 良馬場
2・グレープブランデーB マンハッタンカフェ×ジャッジアンジェルーチ
6・エスポワールシチーH ゴールドアリュール×ブライアンズタイム
10・ワンダーアキュートF カリズマティック×プレザントタップ

 

2012年 良馬場
16・テスタマッタF タピット×コンサーン
3・シルクフォーチュンC ゴールドアリュール×アルワウーシェ
10・ワンダーアキュートA カリズマティック×プレザントタップ

 

20011年 良馬場
12・トランセンド@ ワイルドラッシュ×トニービン
13・フリオーソB ブライアンズタイム×ミスタープロスペクター
5・バーディバーディC ブライアンズタイム×シーキングザゴールド

 

2010年 良馬場
4・エスポワールシチー@ ゴールドアリュール×ブライアンズタイム
3・テスタマッタD タピット×コンサーン
6・サクセスブロッケンA シンボリクリスエス×サンデーサイレンス

 

 

血統的に大切なのは、
ブライアンズタイムの血です。
2年連続して好走しているのは近年では、サクセスブロッケンです。
この馬は父シンボリクリスエスで、ブライアンズタイムと同じで、芝1600G1と芝3000G1馬を出しています。
今年は、グランドシチーとレーザーバレットがブライアンズタイムを持っています。
やはり、グランドシチーに注目ですね。
できれば、日本人の柔らかく乗れる騎手がいいんですが。
そうすれば、人気しないので。
では。


 

 

僕は、ソロルに注目かな。
素質だけならやれてもいいんだけど・・・・・賞金的に出られなさそう。


 

 

私は、ノーザンリバーにも注目しています。
芝の1600G1に強い血統が来ているんですね。
また、芝2400G1馬を出している血統もいいんですね。
ワンダーアキュートの母父プレザントタップは、ジャパンカップ馬タップダンスシチーを出しています。


 

 

後は、アメリカの実績ダントツのダート血統ですね。
過去、デピュティミニスターや、エーピーインディ系のタピットが来ています。
今年ならエーシントップですね。出られれば、ということですが、出走馬確定が待ち遠しいです。


 

フェブラリーステークスのまとめ。
穴は、隔年で走ってくる馬。
今年なら、テスタマッタとシルクフォーチュン。
特にシルクフォーチュンは、楽しみ。
ブライアンズタイムの血が特注。
芝1600&芝3000血統を持つ馬が、良く来ています。
グレープブランデー、サクセスブロッケン、ヴァ―ミリアンなどが該当します。また、ブライアンズタイムもその血統に当てはまります。
ミスプロ系がそこまで活躍していないのが気になります。
外国産なら、圧倒的な実績を持つダート血統がいいです。
今回なら、エーシントップが当てはまります。

 

以上を参考に馬券を当ててくださいね。

 

 

 

 

フェブラリーS穴馬

の予想をもらうなら!

ザ・シークレット・ホース

 

 

 

 

フェブラリーSの予想なら!

 

 

 

フェブラリーS単勝

で当てるなら!

単撃

 

 

 

 

 

 

フェブラリーSの単勝なら!

 

 

当サイトから購入していただくと、オープン競走事典をプレゼントしています。
購入IDをお知らせください。

 

2013年フェブラリーステークスの予想

 

さて、フェブラリーステークスについて、
話していきたいと思います。
2013年の話題はやっぱり、カレンブラックヒルですね。


 

 

確かに、そうですね。
でも、本気で勝つつもりなら前哨戦にダートをどこかで走らせるはずです。
期待はしていますが、
買い目にいれるくらいでしょうね。


 

フェブラリーステークスは、東京のダート1600で行われます。
スピードとスタミナが求められるコースで、
芝でデビューしていたような馬。
前走からの距離短縮。
そんな馬に注目です。
去年は、根岸Sからの馬が2頭来ましたが、
そういう馬でも、中距離ダートで活躍している実績がありました。

 

 

競馬に熱いくせに、そういうところは冷めているんだね。
まあ、リーチザクラウンとか話題になった馬は、
ことごとく負けているけど。
こんなに芝でいい成績残した馬が参戦するのって珍しいんじゃない?


 

 

悪かったですね。
熱くなくて!
でも、本気ならやっぱり、前哨戦は経験させたと思うんです。
G1馬だし、斤量の関係で試しに使っておくのは、
やっぱり、ファンからしても、どうなの?って思います。
好きな馬、好きな騎手、好きな厩舎だから、余計に思ってしまいます。


 

 

そういわれると確かに・・・・
じゃあ、当てるためのポイントを聞かせてもらっていいかな。


 

 

基本的には距離短縮の馬が狙いです。
今回は東海S組が馬券になりそうですね。
距離延長の馬でも、1600以上で実績があれば、
買ですね。
もう少し、補足しておくと、
去年1位のテスタマッタは、58から57キロへの斤量減。
シルクフォーチュンは根岸Sを勝っていて好調な時でした。
ただ、メンバーも小粒だったので、
骨のあるメンバーが揃えば、やはり距離短縮が有利だと思います。


 

 

血統的には、どうなのかな?
僕が調べた感じでは、
SS系のダート向き種牡馬×ブライアンズタイムとかの長距離血統。

SS系のダート向き種牡馬×ヨーロッパのスタミナ血統。
がいいように思うんだけど。


 

 

そうですね。
あとは、ストームバード系やクロフネ系のヴァイスリージェント系。
それから、エーピーインディもいいですね。ミスプロ系じゃないアメリカのダート血統。
が穴馬になrますね。
ミスプロ系がダメではなくて、同じくらいダートでは走るのに、血統が未知過ぎて人気にならないんだと思います。
日本では主流ではない血統なのに、わざわざ外国産馬として買ったりしてたとしたら。
やはり、いい素質を秘めていそうだったということですね。
そういう馬にも注目です。


 

フェブラリーSまとめ

 

  • 距離短縮組みに注目。
  • 距離延長でも人気しなさすぎなら買い目には。(特に1600以上での実績があれば○)
  • SS系×スタミナ血統。ロベルトの血がいい。
  • ミスプロ系以外のアメリカダート血統には注目。

 

この辺りに注目して、
人気のない馬を探してください。

 

 

難解だなぁ。
サエちゃんの理論だと、前走中距離で距離短縮の馬で、
良さそうなのは、グレープブランデーとワンダーアキュートになるかな。


 

 

そうですね。
基本的には、前走3着以内のうまが強いレースですから。
該当馬を探すと、
マルカフリート
グレープブランデー
ナムラタイタン
ガンジス
ワンダーアキュート
シルクフォーチュンになります。
そして、5着から巻き返した馬には、
ロベルト系の血が入っているんです。
この条件だと、
エスポワールシチーになります。


 

 

絞るのは難しそうだね。
その中だと、強いのに、人気があんまりないグレープブランデーかなぁ。


 

 

そうですね。
ただ、前走は、外で揉まれない競馬ができたのが大きかったかもしれません。
まわりは逃げ先行馬ばかりなので、そんなに気にしなくてもいいかもしれませんが。
私は、ガンジスに注目。それから、イジゲンですね。
ガンジスは距離延長になりますが、矢作厩舎はそういう使い方が多いです。
それに、差す競馬もできるので、内田騎手とは手が合いそうです。
イジゲンは実質ダート馬の1番人気なので。
カレンブラックヒルは圧勝もありそうなので、みんなが単勝をとりあえず買っての、
オッズ一位ではないかと思います。
穴なら、ナムラタイタン。それから、去年の覇者・テスタマッタ。ですね。


 

 

こういうレースは、3連複2頭軸総流しか、馬連総流しがいいんじゃないかな。
もしくは、応援する馬の単勝。
カレンブラックヒルが単勝人気を吸ってくれてるから、
意外に、イジゲンやガンジスでも単勝がつくから、たとえば、1000円でも、
7〜8000円になる。こういうレースは馬券の買い方を考えて、買うといいかもしれないね。


 

 

>>>2016年のフェブラリーステークスの展望

ズバり当てたい!フェブラリーステークスの予想&注目血統関連ページ

シルクロードステークスの予想〜血統からおすすめできる馬はこれ!
シルクどードステークスは、京都の芝1200の重賞。短距離戦なんですが、重要なのは、短距離に強い血統+あの世界的に有名な血統が必要なんです。
血統からは正直予想は無理かも・・・・根岸ステークスをそれでも予想します。
根岸ステークスは、ダートの中でも特に血統的な傾向がわかりづらい重賞です。今年も、どの馬を狙うか難しいレースですね。
良血馬3頭のせめぎ合い?きさらぎ賞の血統予想で炙り出される優位な馬は?
2014年のきさらぎ賞は、楽しみな馬が揃うレースとなりました。このレースに必要な血統とは?血統からこのレースを読み解きます。
2014年は豪華メンバーの東京新聞杯の予想を血統から
2014年は豪華メンバーがそろった東京新聞杯。安田記念かとも思える豪華メンバー。この中からどんな馬を選ぶのか、難しいところですね。それでも、血統から予想をしていきます。
マイナー系を狙う?メジャーを狙う?難しい選択を強いられるクイーンカップの重賞血統予想
クイーンカップは東京競馬場で行われる3歳牝馬の1600戦。当てるためには何が必要か?穴馬はどれかわかりやすく解説します。ポイントは、マイナーSS系の種牡馬です。
ダート&芝兼用血統に注目?共同通信杯の重賞予想
共同通信杯は過去はゴールドシップ、ディープブリランテが出た3歳クラシック登竜門。昨年は、マイネルストラーノなど、ちょいあれしたレースです。
1番人気は意外に勝てない!?京都記念を血統から予想する。
過去、テンポイントの最後のレースになったり、2013年はジャスタウェイが破れたり。ひそかに、波乱が起こるレースです。馬券的に大波乱はないですが、一番人気がころって負けてしまうレースでもあります。
荒れるなら当てたい!ダイヤモンドステークスの重賞予想ポイント
2月の重賞で面白いハンデ戦がこのダイヤモンドステークス。しっかり取って、フェブラリーSの軍資金にしたいですね。
小倉大賞典の予想のポイント
フェブラリーSの裏にある名物重賞。小倉の1800を当てれるのって、G1当てるよりも嬉しいですよね。 それくらい難解だし、荒れやすいので、実は面白い重賞ですよね?
血統から見るアーリントンカップ(アーリントンC)の予想のポイント
アーリントンカップは、阪神競馬場の1600メートル。開幕週だけあって、狙いどころは決まっています。そのアーリントンカップのねらい目とは?
適正が上?実力が上?中山記念は血統から予想する
血統がものをいうレース。中山記念。天候が悪くなることも多いので、特に血統予想の重要性が増します。この中山記念でいい血統とは?
阪急杯の重賞予想
阪急杯も、アーリントンカップと同じです。この時期の阪神競馬場は、やはり内枠有利。芝の状態がいいうちは、やはり内枠ですね。さらに、狙い馬を絞るポイントとは?