お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

2014年の小倉大賞典で賢く馬券を当てるために!

 

さて、フェブラリーSの裏側で、名物重賞の小倉大賞典です。
グレイソブリン系を勇気をもって狙う。
それだけで、獲れる重賞ではないでしょうか?


 

小倉大賞典とは?
小倉競馬場芝1800メートルの重賞。
ヒットザターゲットやマヤノライジンなど、穴馬傾向の強い馬たちが活躍する重賞。
凱旋門賞や天皇賞(春)・菊花賞といった長距離志向の血に注目。
特に、隠れた長距離血統には要注意です。

 

 

このレースはカルドブレッサで決まりだね。
55キロで出走できるのは大きいね。
中山金杯は大外まわって、オーシャンブルーの2着。
これで決まりでしょ。


 

 

シャトーブランシュもいいですよ。
母父トニービンですし、重賞で好走経験があるのもいいですね。
しかも、52キロです。


 

 

だいぶ、はりきっていますね。
では、血統表を見てみましょう。


 

 

2013年 良馬場
5・ヒットザターゲットE キングカメハメハ×タマモクロス
2・ダコールA ディープインパクト×アンブライドルド
12・ダローネガD ダイワメジャー×ホワイトマズル

 

2012年 良馬場
7・エーシンジーラインD ジャイアンツコーズウェイ×ダンチヒ
3・スマートギアI マーベラスサンデー×パドスール
12・コスモファントム@ スティーブガットイーブン×パリスハウス

 

20011年 良馬場
10・サンライズベガE アドマイヤベガ×シアトリカル
14・バトルバニヤンH ジャングルポケット×クラフティプロスペクター
3・リルダヴァル@ アグネスタキオン×サンダーガルチ

 

2010年 良馬場
16・オースミスパークF アドマイヤベガ×フォーティナイナー
14・ナリタクリスタルA スペシャルウィーク×ペンタイア
10・マヤノライジンL マヤノトップガン×ダンチヒ

 

 

私個人としては、サトノシュレンに注目しています。
グレイソブリン系は注目なのですが、長距離血統×長距離血統が穴パターンです。
過去、ミヤビランベリなどが激走しています。
サトノシュレンの父はステイゴールド・母父エルハーブ。
エルハーブは、このレースでも相性のいいダンチヒ系で、ダービーステークスの勝ち馬。
スタミナを内包していてもおかしくありません。
グレイソブリンを持つ馬以外ではおすすめですね。
では。


 

 

その定義で言うと、
ラブイズブーシェもいいですね。
ただ、56キロはちょっと背負わされすぎな気もします。


 

 

メイショウウズシオもいいですが、出走馬が確定してからまた考えたいですね。
レースレベルも重要です。
G2やG1で走っていた馬に注目することも大事ですよ。


 

 

エディンは、前走エリザベス女王杯で12着とはいえ、0秒7差。
血統的にも軽視はできませんね。


 

 

グレイソブリンを持つ馬は一頭は来ると思うので、
どれを選びどう馬券を買うかが問われるレースですね!!


 

小倉大賞典のまとめ。
とにかく、グレイソブリンを持つ馬。
エディン
カルドブレッサ
コスモラピュタ
シャトーブランシュ
ネオザウイナー
が登録。
なぜか、ダンチヒの血とも相性のいいレースです。
長距離血統×長距離血統が昔の穴。
ラブイズブーシェ
サトノシュレン
メイショウウズシオ
枠の有利不利はそれほどないが、
内枠は1頭しか馬券にならないイメージです。

 

以上を参考に馬券を当ててください。

 

 

 

 

小倉大賞典穴馬

の予想をもらうなら!

ザ・シークレット・ホース

 

 

 

 

小倉大賞典の予想なら!

 

 

 

小倉大賞典単勝

で当てるなら!

単撃

 

 

 

 

 

 

小倉大賞典の単勝なら!

 

 

当サイトから購入していただくと、オープン競走事典をプレゼントしています。
購入IDをお知らせください。

 

2103年小倉大賞典の予想

 

さあ、小倉大賞典も忘れてはいけない重賞!
こういう重賞は、当てると「玄人」感がハンパないですからね。
気合が入ります。


 

 

1番人気が過去5年で4回。
1番人気が来なかった年は2番人気が来ています。
でも、他に来る馬は5番人気以下から2頭が3着以内に来ているので、
このレースを当てられるっていうのは、本当に嬉しいですね。


 

小倉競馬場の芝1800メートルの重賞。
ハンデ戦。
基本的な狙いは単純。
前走中央の重賞以外からの参戦であれば1〜2番人気を。
前走中央の重賞を走っている人気薄を狙う。
地味目な血統を狙う。(該当する馬が多いので難しいけれど)

 

 

やっぱり、難しそうだなぁ。
でも、当てたいなぁ。
なんかわかりやすいポイントある?


 

 

前走の重賞を見直すことです。
特に、中山競馬場で行われた重賞で、
@先行している。
A外をずっと回ってロスがある。
B見どころがあった。
は穴馬を探すポイントです。
中山競馬場は先行内枠が有利というのは、もう常識です。
前に行く意識はおのずと高くなるので、
そこで先行できたり、
外をまわりながらも、直線で粘っていたり、
外からマクリ気味に進出して、3着以内に残ったり。
強い競馬をした馬を探してください。


 

 

ちょっと、面倒だね。
こう新聞見て、わかるような・・・・


 

 

呆れた・・・・
ま、気持ちはわかりますけどね。
でも、
誰もしないことをするからこそ、穴馬が見つけられるんです!
サンライズベガなんかは、AJCCで、先行して外を回って、
厳しい競馬をしていました。
その次走のここは、秋山騎手を背に見事な逃げ切り。
こういうのは見ていないとわからないことですよ。
まあ、新聞だけでもなくはないですが・・・・


 

 

情けないとわかりつつ・・・・
教えてくれないかな。


 

 

しょうがないですね。
新聞でわかること。
それは、距離短縮です。
このレース。活躍している血統を見ると、
1800にしては、長距離血統が多いんですよね。
ステイゴールド、アドマイヤベガ、ジャングルポケット、スペシャルウィーク、オペラハウス、マヤノトップガン。
などなど。
小倉の1800ってタイキシャトルが活躍するんです。スローペースになると、短距離向きの馬でも、
すっと勝つのが小倉の1800なんです。
でも、小倉大賞典は、そうじゃないようです。
スタミナがある程度必要。
なので、距離短縮の馬の方が有利ですね。
前走重賞で、距離短縮の馬。
これを狙うのがいいでしょうね。


 

 

そういうの、嬉しいな!
ありがとう。
長距離血統にも注目なんだね。
マンハッタンカフェやディープインパクトの人気のない馬とかにも注目だね。
ちょっと当てられる気がしてきた!!


 

小倉大賞典のポイントのまとめ

 

  • 1〜2番人気は信頼。(前走OP戦でもオッケー)
  • 5人気以下の中央重賞組(特に中山金杯とAJCC、続いて、日経新春杯)
  • 前走重賞かつ距離短縮組み
  • 種牡馬は長距離向きがいい。
  • 長距離向きの種牡馬がいいが、そうじゃなくても距離短縮なら狙いが立つ。
  • 中山金杯やAJCC先行馬に注目。(VTRを見ること推奨)

 

このあたりをポイントにしてください。

 

 

僕はここで狙っている馬がいるんです!
それが、ダローネガ。
内枠先行馬決着だった、京都金杯は参考外で、
SS系×母父ホワイトマズル(ヨーロッパスタミナ血統)
って、小倉のタフな1800重賞にはぴったり!


 

 

そうですね。
私は普通にパッションダンスでいいんですが、
ここは少しひねって、ヒットザターゲットをおすすめします。
この小倉大賞典は、グレイソブリンの血が生きるレースでもあります。
アドマイヤベガ産駒が2年連続勝利したりしていますし、
他にはダイワズームも父ハーツクライで、アドマイヤベガと同じくトニービンを内包していますね。
コパノジングー、マイネルスターリーも一応該当馬ですが、
近走から見ても少々厳しいと思います。
後は、AJCCで大きく不利を受けたゲシュタルトにも注目ですね。
10倍を切る人気のダコールやエクスペディションも一応買い目に入れる感じですね。

 


小倉大賞典の予想のポイント関連ページ

シルクロードステークスの予想〜血統からおすすめできる馬はこれ!
シルクどードステークスは、京都の芝1200の重賞。短距離戦なんですが、重要なのは、短距離に強い血統+あの世界的に有名な血統が必要なんです。
血統からは正直予想は無理かも・・・・根岸ステークスをそれでも予想します。
根岸ステークスは、ダートの中でも特に血統的な傾向がわかりづらい重賞です。今年も、どの馬を狙うか難しいレースですね。
良血馬3頭のせめぎ合い?きさらぎ賞の血統予想で炙り出される優位な馬は?
2014年のきさらぎ賞は、楽しみな馬が揃うレースとなりました。このレースに必要な血統とは?血統からこのレースを読み解きます。
2014年は豪華メンバーの東京新聞杯の予想を血統から
2014年は豪華メンバーがそろった東京新聞杯。安田記念かとも思える豪華メンバー。この中からどんな馬を選ぶのか、難しいところですね。それでも、血統から予想をしていきます。
マイナー系を狙う?メジャーを狙う?難しい選択を強いられるクイーンカップの重賞血統予想
クイーンカップは東京競馬場で行われる3歳牝馬の1600戦。当てるためには何が必要か?穴馬はどれかわかりやすく解説します。ポイントは、マイナーSS系の種牡馬です。
ダート&芝兼用血統に注目?共同通信杯の重賞予想
共同通信杯は過去はゴールドシップ、ディープブリランテが出た3歳クラシック登竜門。昨年は、マイネルストラーノなど、ちょいあれしたレースです。
1番人気は意外に勝てない!?京都記念を血統から予想する。
過去、テンポイントの最後のレースになったり、2013年はジャスタウェイが破れたり。ひそかに、波乱が起こるレースです。馬券的に大波乱はないですが、一番人気がころって負けてしまうレースでもあります。
荒れるなら当てたい!ダイヤモンドステークスの重賞予想ポイント
2月の重賞で面白いハンデ戦がこのダイヤモンドステークス。しっかり取って、フェブラリーSの軍資金にしたいですね。
ズバり当てたい!フェブラリーステークスの予想&注目血統
ホッコータルマエVSベルシャザール。東京のダート1600メートルで勝つのは?第3の馬がやってくるのか、注目のG1レースですね。
血統から見るアーリントンカップ(アーリントンC)の予想のポイント
アーリントンカップは、阪神競馬場の1600メートル。開幕週だけあって、狙いどころは決まっています。そのアーリントンカップのねらい目とは?
適正が上?実力が上?中山記念は血統から予想する
血統がものをいうレース。中山記念。天候が悪くなることも多いので、特に血統予想の重要性が増します。この中山記念でいい血統とは?
阪急杯の重賞予想
阪急杯も、アーリントンカップと同じです。この時期の阪神競馬場は、やはり内枠有利。芝の状態がいいうちは、やはり内枠ですね。さらに、狙い馬を絞るポイントとは?