お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

10月重賞一覧

ひろあの過去の予想日記です。

 

スワンステークス
アルテミスステークス
天賞賞(秋)

さあ、天皇賞(秋)です。G1は血統傾向だけでなく、ピンポイントの血統が時にいいのかもしれませんね。天皇賞(秋)とは?東京競馬場芝2000メートルのG1。秋古馬3冠の1冠目。札幌記念との相性がよく、札幌記念勝ち馬がよく穴をあける。2013年はトウケイヘイローが該当。内枠有利。G1で荒れるパターンとしては、前走1着馬なのに、人気のない馬。今年は、レインスティック、ヒットザターゲット、ヴェルデグリーンあたりに注目。過去3年で12番が3回複勝圏に入っています。今年はフラガラッハ。外国人騎手がとにかく強いレース。コディーノ、エイシンフラッシュ、トーセンジョーダン。サドラーズウェルズ、ノーザンテースト、ト...
スワンステークスです。荒れる時はものすごく荒れる重賞ですね!スワンステークスとは?京都競馬場芝の1400メートルの重賞。ダンスインザダーク、マンハッタンカフェ、ダンシングブレーヴの血が何度も馬券になっているレースです。内が有利だったり、外が有利だったりするので、枠でどうのこうのとはしないほうがいいかもしれませんね。短距離重賞ではありますが、長距離G1血統が活きてくるレースです。さあ、難しいレースですね。どの血統を狙うのか、試されるレースですね。確かに、難しいレースですね。芝1600×芝2400血統がいいようですね。では、実際の血統を見てみましょう。2012年良馬場15・グランプリボスBサクラバ...
秋の名物レース。荒れることで有名なレースです。こここそ、血統馬券の本領発揮ですね。メンバーが見ても面白そうなメンバーがそろっていますね。富士ステークスとは?東京1600の芝の重賞。荒れることで有名。2012年は3連複9万5千円。3連単は46万8千円。3歳馬が有利。父か母父に菊花賞や天皇賞(春)を勝った馬を持っている馬がいい。そして、その馬の産駒は1600のG1を勝っているような馬が好走。ダイワメジャー×ホワイトマズル(天皇賞・春の勝ち馬は出していますが、マイルG1馬は出していません。)のダローネガはヒットジャポッドのアタマ差4着でした。10番人気で4着はよくできたとみるか、適性の分、アタマ差負...
母父リアルシャダイのヤマイチパートナーが2013年は注目ですね。穴人気するのか、リアルシャダイはもう終わりなのか、注目の一戦です。菊花賞は京都競馬場の芝3000メートルの重賞。特定の血が走りやすい。2008年はリアルシャダイの血を引くフローテーションが15番人気2着。2009年はダンスインザダークの血を継ぐ2頭が8番人気・7番人気でワンツー。ダンスインザダークの全弟・トーセンダンスの子ユウキソルジャーが2012年に7番人気3着。ブライアンズタイムの血を持つ馬が、2010年13番人気3着。2009年スリーロールスは母父に持っていて、8番人気。2012年には父ブライアンズタイムのスカイディグニティ...
難解なレース。府中牝馬ステークスです。競馬には、グレードが下がる馬は好走しやすいという法則があります。前走G1馬が今回G3なら、狙いやすいというものです。レースレベルが下がれば、馬は走りやすいという当然の法則ですね。でも、これが通じないのがこのレース。前走G1馬やG2馬が、凡走する難解なレースです。府中牝馬ステークスとは。東京競馬場の芝1800メートルの重賞。荒れる重賞としても有名。一応スマートシルエットのようにリピーターもいる。G1やG2から休み明け転戦してきた馬よりも、夏に好調だったような馬の方がいい。1800特有の特徴で、ダート的な要素が入った馬がいい。難解な一戦だなぁ。荒れるのはわかる...
さあ、秋華賞です。2008年の秋華賞では、11・8・16人気が来て、3連複で180万馬券、3連単で1000万馬券が飛び出したレース。この時のローズステークスは重馬場でノーカウントのレースだったんです。ポイントは内枠になりますね。秋華賞とは?京都競馬場で行われる芝2000メートルの3歳牝馬G1。過去ブエナビスタが牝馬3冠を阻止されたり、ブラックエンブレムが勝ち、大荒れとなったG1として有名。京都内回りなので、後ろからしか行けない有力馬がいたりすると、荒れるレースになります。内枠の馬に注目していきたいレースですね。特に1600G1血統を持っていることが大事と言えます。フレンチデピュティの流れをくむ...
ウォッカですら、負けてしまう特殊な東京競馬場1800メートルのレースです。2013年は、面白いメンバーがそろいましたね。毎日王冠とは。東京競馬場芝1800メートルのG2。3歳馬が好成績です。2013年はコディーノが参戦。内枠が有利なレースです。あのエイシンフラッシュですら、馬番13番で負けています。内枠の軽量の3歳馬がいれば、買いたいですね。できれば、全部買いたい。それくらい、難解なレースですね。確かに。かなり難解ですよね。好走経験がある馬がたくさんでいるのも難解なところです。しかも、天候も不明ですから・・・・悩むより先に、血統を見てみましょう。こんな感じになります。2012年良馬場4・カレン...
さあ、ゴールドシップの秋初戦の京都大賞典です。個人的には、危険な人気馬になりそうな気配ですが、どうでしょうか。京都大賞典とは?京都競馬場2400で行われる名物レース。フレンチデピュティ・ジャングルポケット・トニービン・ダンスインザダーク・サドラーズウェルズの血を持つ馬が、違う馬で、複数回馬券に絡んでいる。2013年はなんといっても、ゴールドシップに注目。ただ、ステイ×メジロの血は京都競馬場と相性が良くないのは気になるところ。オルフェーヴルは菊花賞を買っているが、オルフェもゴールドシップも天皇賞(春)では馬券にも絡めず。注目はトニービンの血を持つ馬。トニービンは凱旋門賞を制覇し、ダート一流馬の母...
2016年の展望はこちら2016年のデイリー杯2歳Sと福島記念の血統からの展望さあ、クラシックにも後のG1馬や重賞で活躍するような馬が出てくるレースでもあります。京都の開幕週の1600ということで、血統にも特徴があるんじゃないでしょうか?デイリー杯2歳ステークスとは。京都競馬場芝1600のG2。アグネスタキオンが父としては優秀。母父として、エリシオ、ダンシングブレーヴ、サドラーズウェルズ、ホワイトマズル、カーネギーが名を連ね、1600か2400G1馬かG1輩出馬との相性が抜群です。基本的には、1600×2400のG1血統がいいようです。マイルG1馬と、2400G1馬を出しているアグネスタキオン...