お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

菊花賞の展望を血統という視点からお届け

 

母父リアルシャダイのヤマイチパートナーが2013年は注目ですね。
穴人気するのか、リアルシャダイはもう終わりなのか、注目の一戦です。


 

菊花賞は京都競馬場の芝3000メートルの重賞。
特定の血が走りやすい。
2008年はリアルシャダイの血を引くフローテーションが15番人気2着。
2009年はダンスインザダークの血を継ぐ2頭が8番人気・7番人気でワンツー。
ダンスインザダークの全弟・トーセンダンスの子ユウキソルジャーが2012年に7番人気3着。
ブライアンズタイムの血を持つ馬が、2010年13番人気3着。2009年スリーロールスは母父に持っていて、8番人気。
2012年には父ブライアンズタイムのスカイディグニティが5番人気2着。

 

 

ヤマイチパートナーは母父リアルシャダイ。やっぱり楽しみだね。


 

 

そうですね。リアルシャダイは長距離血統だと思われがちですが、
1600のG1馬も2頭出しているんですね。
ここに、ヒントがあるようです。
母父・リアルシャダイは、イングランディーレ、アドマイヤジュピタなど、長距離の穴では注目ですね。


 

 

では、まず血統の成績を見てください。


 

2012年 良馬場
1・ゴールドシップ@ ステイゴールド×メジロマックイーン
16・スカイディグニティD ブライアンズタイム×ノーザンテースト
15・ユウキソルジャーF トーセンダンス×オースミタイクーン

 

2011年 良馬場
14・オルフェーヴル@ ステイゴールド×メジロマックイーン
13・ウインバリアシオンA ハーツクライ×ストームバード
1・トーセンラーB ディープインパクト×リシウス

 

2010年 良馬場
6・ビッグウィークF バゴ×サンデーサイレンス
10・ローズキングダム@ キングカメハメハ×サンデーサイレンス
12・ビートブラックL ミスキャスト×ブライアンズタイム

 

 

長距離血統(凱旋門賞血統・京都の3000メートル超血統)×1600G1血統がいいようです。
付け加えるなら、1600と長距離G1の両方のG1馬を出しているのがいいですね。
ダンスインザダークもリアルシャダイも1600G1馬と長距離G1馬を出しています。
ディープインパクトも1600G1馬を多数輩出し、自身も圧倒的なパフォーマンスで、長距離G1を勝っています。
サトノノブレスやインパラトールも人気次第では面白いですよ。
では。


 

 

京都競馬場が舞台、1600のG1を勝てるようなスピード。
そして、3000メートルを走りきれるスタミナが必要なんだね。
部長さんの話で僕の注目は、ダービーフィズ、ナリタパイレーツになったかな。
ダービーフィズは父・ジャングルポケットで母父はサンデーサイレンス。
父も母父も長距離G1とマイルG1を出しているから。
この条件だと、2008年フローテーション・15番人気。
2009年8番人気1着・スリーロールス。
2012年5番人気2着のスカイディグニティ。
ですからね。
リアルシャダイのヤマイチパートナーは捨てきれないけど。


 

 

私は、抽選をくぐれば、ですが、ピュアソルジャーやサイモンラムセスに注目ですね。
長距離血統×マイルG1血統ではありますが、ただのマイルG1血統ではなく、やはり、長距離や欧州よりのスタミナが必要なようです。
たとえば、2010年のビートブラック。父はミスキャスト。ミスキャストの母はノースフライトで、マイルのG1馬。ノースフライトの父はトニービン。
マイルG1でも、凱旋門賞馬の血を引いているんですね。
長距離血統×マイルG1だと、エピファネイアは当てはまるんですよね。ただ、シンボリクリスエスが、2400のチャンピオン距離を勝ったり、
勝つ産駒を出していないのが少し気になります。力は抜けていますが、どうでしょうか。
枠としては、内枠か外枠という極端な枠のほうがいいようですね。


 

 

エピファネイアは1枚以上力は抜けています。ただ、ジャパンカップや有馬記念のほうで、いいレースができそうですね。
メンバーレベルはそれほどでもないので、どの馬が来てもおかしくない。
血統馬券でびしっと当てたいですね。


 

菊花賞まとめ
京都3000メートルという特殊な舞台。内枠か外枠がいい。
血統としては長距離G1血統×マイルG1血統(長距離馬輩出していればなおよい)
ブライアンズタイム・リアルシャダイ・ダンスインザダーク(トーセンダンス)の血に注目。
神戸新聞杯の3着馬に注目。

 

 

 

2015年の菊花賞の展望はこちらです。

 

2015年の菊花賞の予想はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

 

菊花賞の血統予想・展望をお届けします。関連ページ

デイリー杯2歳ステークスの血統予想
デイリー杯2歳ステークスの予想です。小波乱があるレースです。過去5年で1番人気か2番人気が必ず馬券になっていますが、小波乱必須のレースです。
京都大賞典の血統と予想をお届けします。
京都大賞典の血統予想。京都大賞典は、長距離血統特にトニービンの血が強いことは有名です。でも、トニービン以外でこのレースの好走血統を探すなら?答えはこれです。
毎日王冠の予想のための血統講座
毎日王冠の予想のための血統講座。毎日王冠で激走する血統とは?長距離のあの血とあの血が組み合わさると力を発揮するようです。
秋華賞の予想と血統考察
秋華賞の血統予想を中心に紹介します。荒れるレースのイメージですが、近年はそこまで荒れていません。ただ、ジェンティルドンナやブエナビスタのような絶対強者のいない時は狙っていきたいレースですね。
府中牝馬ステークスの予想と血統をお届けします。
府中牝馬ステークスが行われる東京芝1800メートルは特殊な条件。難しいレースですが、当てるとおっきいので積極的に狙いたいレースですね。
富士ステークスの予想|血統から見る意外な適性の馬とは?
富士ステークスと言えば、荒れる重賞。近年では3歳馬が馬券になっています。10番人気以上が2頭馬券に絡んだりする荒れる秋の名物重賞です。
スワンステークスの予想〜血統から見る好走馬の特徴
スワンステークスの予想とその血統について、考察していこうと思います。リピーターレースの色合いが強いレースですね。
天皇賞(秋)の予想と血統をお届けします|競馬大百科事典
天皇賞(秋)は、昔は1番人気が勝てないレースでした。それが今や、1番人気は複勝ははずさないレースに。時の流れは面白いですね。そんな天皇賞(秋)のポイントとは?