お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術が、期間限定で5000円で買えます!

2018年1月23日17時までの期間限定価格です!

>>>>詳しくはこちら<<<<

府中牝馬S〜血統から予想をしたいと思っているあなたのための解法

 

難解なレース。
府中牝馬ステークスです。
競馬には、グレードが下がる馬は好走しやすいという法則があります。
前走G1馬が今回G3なら、狙いやすいというものです。
レースレベルが下がれば、馬は走りやすいという当然の法則ですね。
でも、これが通じないのがこのレース。
前走G1馬やG2馬が、凡走する難解なレースです。


 

府中牝馬ステークスとは。
東京競馬場の芝1800メートルの重賞。
荒れる重賞としても有名。一応スマートシルエットのようにリピーターもいる。
G1やG2から休み明け転戦してきた馬よりも、
夏に好調だったような馬の方がいい。
1800特有の特徴で、ダート的な要素が入った馬がいい。

 

 

難解な一戦だなぁ。
荒れるのはわかるけど、何を選んだらいいかわからない・・・・


 

 

ヒントはマンハッタンカフェにあると思います。
過去3年で3頭が馬券になっています。
3番人気・4番人気・14番人気とどんな人気でも来ているので、
ここがこのレースを解くヒントになりそうです。
マンハッタンカフェは、1600芝G1馬とダートG1馬を出しています。


 

 

確か、東京の芝1800は、
ダート的な要素が必要だったよね。


 

 

そうなんですよ。
では、実際の血統傾向を見てみましょう。


 

2012年 良馬場
14・マイネイサベルI テレグノシス×サンデーサイレンス
8・スマートシルエットD ファルブラヴ×ディピュティミニスター
11・ドナウブルー@ ディープインパクト×バートリーニ

 

2011年 稍重馬場
13・イタリアンレッドD ネオユニヴァース×インディアンリッジ
15・アニメイトバイオC ゼンノロブロイ×フレンチデピュティ
5・フミノイマージンB マンハッタンカフェ×ディキシーランドバンド

 

2010年 良馬場
13・テイエムオーロラC マンハッタンカフェ×トニービン
2・セラフィックロンプM マンハッタンカフェ×ロイヤルスキー
14・スマートシルエットA ファルブラヴ×ディピュティミニスター

 

 

見ていただくとわかりますが、
1600芝G1馬か輩出馬×ダート血統という組み合わせですね。
また、父か母父のどちらかが、芝とダートでG1馬を出しているような形が理想と言えます。
マンハッタンカフェは芝1600G1馬をだし、ダートG1馬を出しています。
14番人気で来たセラフィックロンプの母父ロイヤルスキーもそうですね。
過去5年でトニービンの血を持つ馬が3頭勝ちきっていますので、その点にも注目したいですね。
ファルブラヴは一応G1芝マイルの2着馬を2頭出しているので、マイルG1血統といえるでしょう。
では。


 

 

この条件に当てはまるのが、
アロマティコ☆
ウインプリメーラ
コスモネモシン☆
サダムグランジュテ☆
スピードリッパー☆
ピュアブリーゼ
ホエールキャプチャ☆
マイネイサベル☆
ミッドサマーフェア☆
レインボーダリア☆
になります。
けっこうな馬が該当するね。


 

 

この時期の東京の芝1800って特殊だと思うんです。
1600や2400じゃないから、一流の騎手も仕掛けどころの感が一歩ずれると思うんです。
だから、有力馬は仕掛けるタイミングが一歩ずれるんじゃないでしょうか。
で、G2だから、それなりのメンバーがいるので、自分の競馬をした馬が残れたり、早めに仕掛けた馬がさせたりするんだと思います。
血統的に人気でもマイネイサベルは消せませんね。
注目は、アロマティコですね。ただ、近走好調なので、人気なるかもしれませんが。


 

 

このレースのポイントは、近走好調なのに、人気にならないタイプか、
近走走っていないけれども、実績がある人気落ちの馬がいいですよ。
スピードリッパーが人気しないのなら、狙いたいですね。
後は、ミッドサマーフェアですね。父タニノギムレットは、1600で無類の強さを発揮したウォッカをだし、
母父キングマンボは自身が1600G1勝ち、またNHKマイルカップ馬を2頭出し、ダートG1馬も出しています。
この馬に注目ですね。


 

府中牝馬ステークスのまとめ。
マイルG1×ダートG1血統がいい。芝とダートでもどちらでもG1を出していて、マイル芝G1馬を出しているような種牡馬を持っているのがいい。
レジネッタ(父・フレンチデピュティ)・セラフィックロンプ(父マンハッタンカフェ×母父ロイヤルスキー)
トニービンの血を持つ馬が過去5年で3頭勝ちきっている。
ブルーメンブラッド(父アドマイヤベガはトニービン内包馬)・テイエムオーロラ(母父トニービン)・マイネイサベル(父テレグノシスは父がトニービン)
なぜか、前走G1・G2馬が、過去5年で一頭しか馬券になっていない。特に大敗して、ここならと人気になっているような馬が危ない。
過去5年で馬券になったブルーメンブラッドはG1で3着になりながら、4番人気に甘んじていた。

 

以上を参考に馬券を当ててくださいね。

 

千軍万馬

 

▼クリックorタップ▼

府中牝馬Sをなんとかして当てたい方へ!

人気の予想サイトですね!無料でかなり遊べます。

 

競馬ミリオン

 

▼クリックorタップ▼

重賞予想は全て欲しい方へ!

もちろんフリーメール登録。

 

ファンファーレ

 

▼クリックorタップ▼

無料でこそこそ当ててる人が使っています。

競馬最強の法則でも実は紹介されているんですね。

 

府中牝馬ステークスの予想と血統をお届けします。関連ページ

デイリー杯2歳ステークスの血統予想
デイリー杯2歳ステークスの予想です。小波乱があるレースです。過去5年で1番人気か2番人気が必ず馬券になっていますが、小波乱必須のレースです。
京都大賞典の血統と予想をお届けします。
京都大賞典の血統予想。京都大賞典は、長距離血統特にトニービンの血が強いことは有名です。でも、トニービン以外でこのレースの好走血統を探すなら?答えはこれです。
毎日王冠の予想のための血統講座
毎日王冠の予想のための血統講座。毎日王冠で激走する血統とは?長距離のあの血とあの血が組み合わさると力を発揮するようです。
秋華賞の予想と血統考察
秋華賞の血統予想を中心に紹介します。荒れるレースのイメージですが、近年はそこまで荒れていません。ただ、ジェンティルドンナやブエナビスタのような絶対強者のいない時は狙っていきたいレースですね。
富士ステークスの予想|血統から見る意外な適性の馬とは?
富士ステークスと言えば、荒れる重賞。近年では3歳馬が馬券になっています。10番人気以上が2頭馬券に絡んだりする荒れる秋の名物重賞です。
菊花賞の血統予想・展望をお届けします。
クラシック最後の1冠菊花賞。血統の裏打ちが必要なレースといわれますが、実際は、組み合わせが大事ではないか?と思われるレースです。そんな菊花賞の予想と展望をお届けします。
スワンステークスの予想〜血統から見る好走馬の特徴
スワンステークスの予想とその血統について、考察していこうと思います。リピーターレースの色合いが強いレースですね。
天皇賞(秋)の予想と血統をお届けします|競馬大百科事典
天皇賞(秋)は、昔は1番人気が勝てないレースでした。それが今や、1番人気は複勝ははずさないレースに。時の流れは面白いですね。そんな天皇賞(秋)のポイントとは?