お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

天皇賞(秋)を当てるための血統と予想のポイント

 

さあ、天皇賞(秋)です。
G1は血統傾向だけでなく、ピンポイントの血統が時にいいのかもしれませんね。


 

天皇賞(秋)とは?
東京競馬場芝2000メートルのG1。
秋古馬3冠の1冠目。
札幌記念との相性がよく、札幌記念勝ち馬がよく穴をあける。
2013年はトウケイヘイローが該当。内枠有利。
G1で荒れるパターンとしては、前走1着馬なのに、人気のない馬。
今年は、レインスティック、ヒットザターゲット、ヴェルデグリーンあたりに注目。
過去3年で12番が3回複勝圏に入っています。今年はフラガラッハ。
外国人騎手がとにかく強いレース。コディーノ、エイシンフラッシュ、トーセンジョーダン。
サドラーズウェルズ、ノーザンテースト、トニービンの血に注目。

 

 

荒れるイメージの強かった天皇賞(秋)ですが、
今は、有力馬が勝つレース。
それでも、1番人気が絶対!というレースでもないですね。


 

 

ノーザンテーストやサドラーズウェルズ、トニービンの血に注目ですし、
リボーのラインがあればよりいいんですよね。


 

 

まあ、あせらずに血統の傾向を見てみましょう。


 

2012年 良馬場
5・エイシンフラッシュD キングズベスト×プラティニ
4・フェノーメノ@ ステイゴールド×デインヒル
6・ルーラーシップA キングカメハメハ×トニービン

 

2011年 良馬場
12・トーセンジョーダンF ジャングルポケット×ノーザンテースト
7・ダークシャドウA ダンスインザダーク×プライベートアカウント
8・ペルーサE ゼンノロブロイ×キャンディストライプス

 

2010年 稍重馬場
2・ブエナビスタ@ スペシャルウィーク×カーリアン
7・ペルーサC ゼンノロブロイ×キャンディストライプス
12・アーネストリーA グラスワンダー×トニービン

 

 

2400×1600血統がやはりいいようですね。
日本ダービー、ジャパンカップ、オークスということになりますが、オークス血統がかなり馬券になっていますね。
ゼンノロブロイはオークス馬輩出。
キングカメハメハ、トニービン、スペシャルウィーク、ジャングルポケット、ノーザンテースト、ダンスインザダークの全妹は、
オークス馬ダンスパートナーということで、オークス血統がよりいいのかもしれません。
では。


 

 

それだと、どうしても、フラガラッハに目がいきますね。
オークス馬輩出血統ですし、2400×1600血統も満たしています。
デュランダルはノーザンテースト内包で、このレースに縁のある血統なんですよね。
人気もなさそうですし、ちょっと狙いたいですね。


 

 

僕は、オーシャンブルーかな。
ステイゴールドは、日本ダービー血統だし、母父ダンシングブレードは、ジャックルマロワ賞を1着しながら降着したプラウドウイングスの父でもあるし、
ここ2走の走りは案外だけど、今までのレースが関係なく走るのがステイゴールド。
戸崎騎手よりも思い切って騎乗してくれる内田博幸騎手に期待したいですね。


 

 

金鯱賞では並み居る馬たちを負かしていますし、左回りの2000が合う可能性はありますね。
エイシンフラッシュの連覇など見どころがたくさんあるので、楽しみにしたいレースです。


 

天皇賞(秋)まとめ。
2400×1600血統がいい。
特に、オークス関連血統が強い。
ピンポイントの血として、ノーザンテースト、トニービン、サドラーズウェルズ。
特にトニービンの血は、過去5年で4頭が該当。
ノーザンテーストも内包馬を含めると、フェノーメノ、ルーラーシップ、トーセンジョーダン、カンパニー、スクリーンヒーロー、ダイワスカーレット、アーネストリーが該当。2013年のノーザンテースト内包馬は、フラガラッハ、オーシャンブルー、ナカヤマナイト、ダイワファルコン、レインスティック、トーセンジョーダン。
この中で、2400×1600に該当するのは、フラガラッハ、オーシャンブルー、ダイワファルコン、レインスティック、トーセンジョーダン。
人気のない馬たちなので、1頭くると大きいですね。

 

以上を参考に、天皇賞(秋)を楽しんでください。

 

ひろあの2015年の天皇賞(秋)の展望はこちらです。

 

 

 

 

 

天皇賞(秋)の予想と血統をお届けします|競馬大百科事典関連ページ

デイリー杯2歳ステークスの血統予想
デイリー杯2歳ステークスの予想です。小波乱があるレースです。過去5年で1番人気か2番人気が必ず馬券になっていますが、小波乱必須のレースです。
京都大賞典の血統と予想をお届けします。
京都大賞典の血統予想。京都大賞典は、長距離血統特にトニービンの血が強いことは有名です。でも、トニービン以外でこのレースの好走血統を探すなら?答えはこれです。
毎日王冠の予想のための血統講座
毎日王冠の予想のための血統講座。毎日王冠で激走する血統とは?長距離のあの血とあの血が組み合わさると力を発揮するようです。
秋華賞の予想と血統考察
秋華賞の血統予想を中心に紹介します。荒れるレースのイメージですが、近年はそこまで荒れていません。ただ、ジェンティルドンナやブエナビスタのような絶対強者のいない時は狙っていきたいレースですね。
府中牝馬ステークスの予想と血統をお届けします。
府中牝馬ステークスが行われる東京芝1800メートルは特殊な条件。難しいレースですが、当てるとおっきいので積極的に狙いたいレースですね。
富士ステークスの予想|血統から見る意外な適性の馬とは?
富士ステークスと言えば、荒れる重賞。近年では3歳馬が馬券になっています。10番人気以上が2頭馬券に絡んだりする荒れる秋の名物重賞です。
菊花賞の血統予想・展望をお届けします。
クラシック最後の1冠菊花賞。血統の裏打ちが必要なレースといわれますが、実際は、組み合わせが大事ではないか?と思われるレースです。そんな菊花賞の予想と展望をお届けします。
スワンステークスの予想〜血統から見る好走馬の特徴
スワンステークスの予想とその血統について、考察していこうと思います。リピーターレースの色合いが強いレースですね。