お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

ウイニングポスト7【2013】史実馬はこう走らせよう

実際に管理人がやってみて、予想以上に活躍した史実馬やそうでない馬などを紹介していきます。同じようにならないものもあるでしょうが、ちょっとした参考にしてみてください。

メニュー

ウイニングポスト7【2013】史実馬の走らせ方記事一覧

スティールハート×セレーザで生まれる【ナルシスノワール】マイルまで走れる赤いお守りの馬です。このナルシスノワール。サマーマイルシリーズ・サマースプリントシリーズで活躍させるのが常道です。が、NHKマイルカップ安田記念マイルCS高松宮記念スプリンターズステークスなどでダイイチルビーやダイタクヘリオスを押しのけて勝つことができるんです。ウイニングポスト7の面白さは、ここですね。史実では、スワンSと東京...

ドクタースパートは、皐月賞を制した馬。残り、京成杯3歳ステークスとステイヤーズステークスを制しています。このため、ウイニングポスト【2013】の世界では、距離適性が長く、皐月賞、日本ダービー、菊花賞を勝ててしまいます。しかも、銅のお守りで、銀のお守りのバンブービギン以上の活躍を見せます。各ウイニングポストの攻略サイトで、3冠も取れる器と書いてあるにも関わらず、お守りの格を気にして、管理人はバンブー...

同時期にドクタースパートが銅のお守りで手に入るために、こちらを選ばれることがおおいバンブービギン。お守りの格では上なのに、距離適性と成長型から、ドクタースパートが皐月・日本ダービーを取ることが多いです。バンブービギンは取れて、菊花賞。そして、超長距離適正もないので、狙い目のメルボルンなども勝てません。何にもいいところがないように思われるバンブービギンですが、米国の芝G1なら能力が足ります!米国のソ...

ウイニングポスト7・2013の世界で人気になりそうな、メジロマックイーン。しかし、これが、案外弱い(苦笑)超長距離があるんですが、意外にメルボルンCなど、海外の長距離G1を取りこぼすんですね。スルーオダイナですら、勝つのに(笑)マウントニゾンやスルーオダイナは割と普通に勝長距離の海外G1で、メジロマックイーンは意外に負けるんですよね。晩成の成長型のせいかもしれませんが。ただ、菊花賞、天皇賞(春)で...

トウカイテイオーは、シンボリルドルフの最高傑作です。それは、ウイニングポストの世界でも表現されています。おそらく、海外にも敵はいません。凱旋門賞も勝てますし、ドバイのシーマクラシックも余裕です。なんにしても、最強馬の1頭です。ただ、3冠がネックになります。それは、トウカイテイオーの距離適性が2700までしかないことです。菊花賞が場合によってはネックになるんですね。かならず複数出しをして乱数を変えら...