お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

トウカイテイオーの走らせ方

トウカイテイオーは、シンボリルドルフの最高傑作です。

 

それは、ウイニングポストの世界でも表現されています。

 

おそらく、海外にも敵はいません。

 

凱旋門賞も勝てますし、ドバイのシーマクラシックも余裕です。

 

なんにしても、最強馬の1頭です。

 

ただ、3冠がネックになります。

 

それは、トウカイテイオーの距離適性が2700までしかないことです。

 

菊花賞が場合によってはネックになるんですね。

 

かならず複数出しをして乱数を変えられるようにしておきましょう。

 

トウカイテイオーは積極的に海外へ

 

国内にいると、メジロマックイーンやバンブービギンの出番を奪ってしまいます。

 

正直、海外を中心にWRCを制覇してお守りをもらったほうがいいです。
強すぎて、他の馬の金の像での殿堂入りを邪魔してしまいます。

 

5歳までは確実に走りますので、
凱旋門賞やキングジョージ、BCターフ、ドバイシーマクラシック、香港カップ、シンガポール航空ICなど、
世界の名だたるG1を全てもらっていきましょう。

 

取りこぼすこともありますが、
あまりこだわらずに1週放牧を繰り返して調子さえ崩さないように気をつければ、
何個でもG1を取ってくれます。

 

 

種牡馬としてはトウカイポイントくらいですが、
本当に活躍してくれるので、必ず手に入れておきましょう。

次にこんな記事も読まれています。

メニュー

ウイニングポスト7【2013】のトウカイテイオーの走らせ方と実力関連ページ

ナルシスノワールの走らせ方
ウイニングポスト7【2013】に出てくる史実馬の走らせ方のポイントを書いていきます。現役の活躍を超える史実馬を紹介します。
ドクタースパートの走らせ方
ウイニングポスト7【2013】に出てくる史実馬の走らせ方のポイントを書いていきます。現役の活躍を超える史実馬を紹介します。
バンブービギンの走らせ方|ウイニングポスト7・2013
ドクタースパートのせいで存在感のなくなっているバンブービギン。しかし、成長が普通遅いで、実はかなりの実力馬。成長次第では海外G1を総なめできます。
メジロマックイーンの走らせ方
ウイニングポスト7【2013】に出てくる史実馬の走らせ方のポイントを書いていきます。現役の活躍を超える史実馬を紹介します。