ウイニングポスト7・2013の年度別攻略法です。

ウイニングポスト7は、年度別に攻略していくといいという方法を説明します。実際に、プレイした感想をまじえて紹介しています。

当ブログのよく読まれている記事ランキングです。

当ブログにどんな記事があるのか、ひと目でわかる目次ページです。まずは、ここを読んでもらっています。
このブログは、ホームページ作成ソフト「SIRIUS」を使っています。ひろあと一緒に人気競馬ブログ、あなただけの競馬ブログを作りたいなら、僕と一緒につくりませんか?
ひろあの馬券代の稼ぎ方です。馬券代がたくさんあれば嬉しいですよね?
1989年は短距離馬の豊作の年です。サクラバクシンオーニシノフラワートロットサンダーがおすすめです。サクラバクシンオーとトロットサンダーは、成長が遅めなので、取りこぼすことが最初は多いですが、慌てずゆっくり育てましょう。後は、ライスシャワーです。上手くいけば、日本ダービーで何もしなくても勝つことがあります。皐月賞は諦めて、青葉賞から日本ダービーを目指しましょう。鍋底が発動するので、かなり長い期間活躍できます。悩ましいのは、レガシーワールドとシンコウラブリイですね。無理に買わなくてもいいですが、そこそこの能力があります。史実補正がかかる菊花賞では、なぜかマチカネタンホイザに負けることがあります。...
ウイニングポスト7【2013】の1988年の攻略法です。ここは、当然、1988年の4月に生まれるトウカイテイオーを買います。翌年の1989年末まで購入機会があるので、焦らず金のお守りを貯めましょう。後は、銅のお守りのナイスネイチャとハシルショウグン。ナイスネイチャは成長が遅く、活躍期間が長いので、サマーシリーズを勝ちまくってもらいます。手薄な海外のG1なら届くことがありますが、そこまでこだわらなくてもいいでしょう。ハシルショウグンも成長が遅めなダート馬。トウケイニセイがいなくなってからのダートG1要員にしてください。後は、8月の幼駒で買えるのが、イソノルーブルとリンデンリリー。イソノルーブルは...
1987年から数年は0歳馬はすぐに買わないでおきましょう。この年くらいから、お守り交換イベントが起こったりします。赤5枚で銅1枚。銅5枚で銀1枚。銀5枚で金1枚。というように、交換できるイベントが出てくるはずです。年末の輸入牝馬や種牡馬購入のためにも、考えて、金や銀のお守りを使いましょう。1987年生まれのおすすめの馬。メジロマックイーンスーパークリークがいるので、重なるところがありますが、うまく調整しましょう。この後、ライスシャワーがいるのですが、両方で海外の長距離G1を総なめにしましょう。ダイイチルビートウケイニセイ銀の札の2頭です。ダイイチルビーは、海外1200〜1800のG1を勝てる器...
1985年の年度末で、アンドレアモンが引退するはずで、ここで、金のお守りが手に入ればオグリキャップを、銀のお守りであれば、バンブーメモリーを買います。オグリキャップは、米国3冠もできる器ですし、育成騎手の能力マックス&スキルも10個持っている状態だと凱旋門賞なども勝てます。後は、銅のお守りで、ダイユウサクとコスモドリームを買っておきます。ダイユウサクは、オグリキャップやスーパークリークのG1を邪魔することがあるので、その予防に。コスモドリームもシヨノロマンの邪魔をしないように所有しておきます。レースが勝たせたい馬とかぶるときは、作戦を調整して挑んでください。フェートノーザンがデビューしているは...
アンドレアモンは、前年と引き続き同じレースを走らせます。おそらく、前年で、最優秀ダート馬になっているはずですし、なんとか、フェブラリーSも2連覇してください。そうすれば、銅のお守りが2つ手に入っています。これで、ホクトヘリオスとスルーオダイナを買います。ホクトヘリオスは、手薄な海外と国内マイルG1を複数勝てます。スルーオダイナは、天皇賞(春)や海外の2800以上のG1を狙います。うまくいけば、8勝以上できます。マウントニゾンとレースが被るので、調整しましょう。ダイナレターも買っておいてもいいかもしれません。ダートG1をちょっと勝てますが、そこまで強くありません。この年はなんといっても、8月のセ...
シンボリルドルフがこの世界を圧倒。ニッポーテイオーなどもいて、すき間G1を取る年ですね。相馬からもらえる馬で、アンドレアモンをゲットし、国内ダートG1に専念して、金の像での殿堂入りを目指します。海外遠征の打診ももらいますが、勝てないのでことわります。2歳馬は、ラッキーオカメかミルコージ。適正レースを選んで、がんばらせましょう。アンドレアモンで札を稼ぎ、馬券で資金をため、フェートノーザン、ウイニングスマイル、マウントニゾンを購入します。8月のセリでは、ユーワジェームスとコーセイとサンキンハヤテを買います。サンキンハヤテは早熟ですが、鍋底という特性があり、また再び強くなります。サマーシリーズや短距...