お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

1988年の攻略法

ウイニングポスト7【2013】の1988年の攻略法です。

 

ここは、当然、1988年の4月に生まれる
トウカイテイオー
を買います。
翌年の1989年末まで購入機会があるので、焦らず金のお守りを貯めましょう。

 

後は、銅のお守りのナイスネイチャとハシルショウグン

 

ナイスネイチャは成長が遅く、活躍期間が長いので、サマーシリーズを勝ちまくってもらいます。
手薄な海外のG1なら届くことがありますが、そこまでこだわらなくてもいいでしょう。

 

ハシルショウグンも成長が遅めなダート馬。
トウケイニセイがいなくなってからのダートG1要員にしてください。

 

後は、8月の幼駒で買えるのが、
イソノルーブルとリンデンリリー。

 

イソノルーブルは一流騎手と組ませると、牝馬3冠もできます。
管理人はできました。
逃げで勝てない時はリロードして、先行という形で戦法を変えるとだいたい勝てました。

 

後は、ヤマニンゼファー、レオダーバン、イブキマイカグラらがいるので、お好みで。

 

海外セリで、リンドシェーバーとケイエスミラクルが出てきます。
リンドシェーバーは、朝日杯2歳Sで、トウカイテイオーに先着することがあるので、
無敗でトウカイテイオー国内3冠したい方は、リンドシェーバーを買って、飼い殺しというのも手です(笑)

 

しかも、NHKマイルカップは余裕で勝てます。

 

1988年はフェートノーザンが現役最後の年になっていると思います。
ほぼ国内すべてのダートG1を勝てるので、引退時に金の像になっているかと。

 

これでトウカイテイオーが明け1歳で買えるはずです。

 

他にもホクトヘリオスやスルーオダイナでG1を複数買っているはずですので、
赤や銅のお守りには苦労しないはずです。

 

輸入種牡馬や輸入繁殖牝馬で金と銀のお守りは、まだ消費しないように。
トニービンは買わなくてもいいです。

こんな記事も読まれています。

メニュー

1988年の攻略法関連ページ

1984年の攻略法
ウイニングポスト・2013の年度別攻略法を載せていきます。1984年の引き継ぎなしのノーマルプレイでの攻略法です。
1985年の攻略法
ウイニングポスト・2013の年度別攻略法を載せていきます。参考にしてみてください。1985年の攻略法を載せています。
1986年の攻略法。
ウイニングポスト7 2013の攻略法です。1986年にこれだけはしておきたいことを書いていきます。どうぞ、参考にしてください。
1987年の攻略法。
メジロマックイーンが生まれる1987年。この年のおすすめの馬を中心に紹介します。
1989年の攻略法。
ウイニングポスト・2013の年度別攻略法を載せていきます。参考にしてみてください。おすすめの馬や狙いどころを実際にプレイしての感想とあわせて紹介します。