お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術が、期間限定で5000円で買えます!

2018年1月23日17時までの期間限定価格です!

>>>>詳しくはこちら<<<<

競馬好きなら荒れる方に賭けてみよう!日経新春杯の血統予想!

 

最新の展望はこちらです。
2017年の日経新春杯の血統展望です。(2017年1月10日)

 

 

 

さて、「荒れるかもしれない」レースの日経新春杯です。
今年はどうなるでしょうか。
荒れる時は荒れるのでなかなか予想が難しいですね。


 

日経新春杯とは?
京都競馬場芝2400の重賞。荒れたり、荒れなかったり難しいレース。
G1馬3頭が出ていた2011年は、1・2・3番人気で決まりました。
ルーラーシップ、ヒルノダムール、ローズキングダムです。
それに対して、過去、テイエムプリキュアが12番人気3着。11番人気で1着。
というように、10番人気以下が走ったりするレースでもあります。
荒れないかもしれませんが、狙うなら荒れる方に賭けたいですね。
長距離向きの血統にダート向きの血統がミックスされているような馬が合います。

 

 

マンハッタンカフェの血を持つ馬がよく来ています。
菊花賞、天皇賞(春)血統には注目ですね。


 

 

他には、ニジンスキーの血が注目のようですね。
人気薄を持ってくるわけではないですが、人気上位なら持っていて良さそうですね。
ゴールドアリュールが来ているので、ヌレイエフの血もいいようですよ。


 

 

おやおや、私の出番がなくなりそうですね。
では、過去の成績を見てみましょう。


 

2014年 良馬場
1・サトノノブレスA ディープインパクト×トニービン
8・アドマイヤフライト@ マンハッタンカフェ×トニービン
4・フーラブライドC ゴールドアリュール×メジロマックイーン

 

2013年 良馬場
2・カポーティスターI ハーツクライ×カポーティ
1・ムスカテール@ マヤノトップガン×サンデーサイレンス
3・トウカイパラダイスC ゴールドアリュール×マルゼンスキー

 

2012年 良馬場
3・トゥザグローリー@ キングカメハメハ×サンデーサイレンス
11・ダノンバラードB ディープインパクト×アンブライドルド
9・マカニビスティーG ゼンノロブロイ×ブライアンズタイム

 

2011年 良馬場
8・ルーラーシップA キングカメハメハ×トニービン
11・ヒルノダムールB マンハッタンカフェ×ラムタラ
5・ローズキングダム@ キングカメハメハ×サンデーサイレンス

 

2010年 良馬場
12・メイショウベルーガA フレンチデピュティ×サドラーズウェルズ
8・トップカミング@ ゴールドアリュール×サクラバクシンオー
9・レッドアゲートK マンハッタンカフェ×スキャン

 

 

ポイントは、
有馬記念×ダートG1血統。
基本は、
長距離G1血統×ダートG1血統。
になります。
12番人気3着レッドアゲートは、マンハッタンカフェ×スキャン
2012年8番人気3着マカニビスティーはゼンノロブロイ×ブライアンズタイム
2013年10番人気1着のカポーティスターは、ハーツクライ×カポーティ
特に、ブライアンズタイムの血や、トニービンの血がいいようですね。
それから内枠の馬にも注目ですよ。
今年はゼンノルジェロに注目したいですね。
では。


 

 

枠で見ると、今年もフーラブライドやアドマイヤフライトに今年も注目ですね。


 

 

アドマイヤデウスも不気味だよね。
京都の内目の枠で、岩田騎手というのも恐いです。


 

 

少し外ですが、コウエイオトメにも注目です。
去年の4着馬なので、見限れませんね。
51キロも魅力です。
去年の4着の時よりさらに1キロ減りました。


 

 

後は、オッズを見ながら、決めていきたいね。
ちょっと楽しみです。
G1好走組の人気馬はそのまま走ることが多いですね


 

日経新春杯の予想のまとめ。
有馬・長距離G1血統×ダートG1血統を満たしいる馬。
特に、ブライアンズタイムの血が活きるレース。
ニジンスキーの血もいいが、人気薄を持って来ているわけではない。
カポーティスターが10番人気で1着。狙うなら、ハーツクライ産駒が面白い。
今年も、コウエイオトメが該当します。去年よりも1キロ減!
ダート的な血が必要。
おそらくですが、冬場で騎手の体が動きにくいため思ったより、馬の末脚が出せないのではないでしょうか?
ダコールは人気がなければ狙いたい一頭であります。

競馬好きなら荒れる方に賭けてみよう!日経新春杯の血統予想!

 

さて、「荒れるかもしれない」レースの日経新春杯です。
今年はどうなるでしょうか。


 

日経新春杯とは?
京都競馬場芝2400の重賞。荒れたり、荒れなかったり難しいレース。
G1馬3頭が出ていた2011年は、1・2・3番人気で決まりました。
ルーラーシップ、ヒルノダムール、ローズキングダムです。
それに対して、過去、テイエムプリキュアが12番人気3着。11番人気で1着。
というように、10番人気以下が走ったりするレースでもあります。
荒れないかもしれませんが、狙うなら荒れる方に賭けたいですね。

 

 

マヤノトップガンの産駒が良く走っていますね。
2012年の8番人気3着マカニビスティーは、母父ブライアンズタイム。
ブライアンズタイムの血は必要ですね。


 

 

他には、ニジンスキーの血が注目のようですね。
人気薄を持ってくるわけではないですが、人気上位なら持っていて良さそうですね。


 

 

おやおや、私の出番がなくなりそうですね。
では、過去の成績を見てみましょう。


 

2013年 良馬場
2・カポーティスターI ハーツクライ×カポーティ
1・ムスカテール@ マヤノトップガン×サンデーサイレンス
3・トウカイパラダイスC ゴールドアリュール×マルゼンスキー

 

2012年 良馬場
3・トゥザグローリー@ キングカメハメハ×サンデーサイレンス
11・ダノンバラードB ディープインパクト×アンブライドルド
9・マカニビスティーG ゼンノロブロイ×ブライアンズタイム

 

2011年 良馬場
8・ルーラーシップA キングカメハメハ×トニービン
11・ヒルノダムールB マンハッタンカフェ×ラムタラ
5・ローズキングダム@ キングカメハメハ×サンデーサイレンス

 

2010年 良馬場
12・メイショウベルーガA フレンチデピュティ×サドラーズウェルズ
8・トップカミング@ ゴールドアリュール×サクラバクシンオー
9・レッドアゲートK マンハッタンカフェ×スキャン

 

 

ポイントは、
有馬記念×ダートG1血統。
基本は、
長距離G1血統×ダートG1血統。
になります。
12番人気3着レッドアゲートは、マンハッタンカフェ×スキャン
2012年8番人気3着マカニビスティーはゼンノロブロイ×ブライアンズタイム
2013年10番人気1着のカポーティスターは、ハーツクライ×カポーティ
特に、ブライアンズタイムの血や、トニービンの血がいいようですね。
私は、ロードオブザリングに注目ですね。
ホワイトマズル×サンデーサイレンス×マルゼンスキー。
ニジンスキーの血、長距離血統×ダートG1血統になっています。
それから、コウエイオトメですね。
ハーツクライ×キングマンボも、有馬記念×ダートG1血統になります。
では。


 

 

クラウンレガーロもよさそうですね。
有馬記念×ダートG1血統なので、相性が良さそう。
テイエムプリキュアのように、2歳に活躍して、一息ついた馬がまた走るレースでもあるので、
人気がないようなら狙いたいですね。


 

 

僕はカワキタフウジンかな。
前走で、好走したけど引き続き人気がなさそうだから、
狙ってよさそうだね。
マーベラスサンデー×ブライアンズタイムで、
有馬・長距離G1血統×ダートG1血統を満たしているよ。


 

 

マーベラスサンデーは、有馬記念を2年連続2着ですからね。
有馬記念血統と言っていいと思います。


 

 

後は、オッズを見ながら、
決めていきたいね。
ちょっと楽しみです。芝G1血統×芝G1血統が人気になっているなら狙いたいですね。


 

日経新春杯の予想のまとめ。
有馬・長距離G1血統×ダートG1血統を満たしいる馬。
特に、ブライアンズタイムの血が活きるレース。
ニジンスキーの血もいいが、人気薄を持って来ているわけではない。
カポーティスターが10番人気で1着。狙うなら、ハーツクライ産駒が面白い。
今年は、コウエイオトメが該当します。
ダート的な血が必要。
おそらくですが、冬場で騎手の体が動きにくいため思ったより、馬の末脚が出せないのではないでしょうか?
面白いところでは、クラウンレガーロ。グラスワンダー×エンドスウィープ。
どちらも、ダートG1馬を出しながら、宝塚記念や有馬記念に強い血統。
人気がなければ忘れたくない馬ですね。

 

 

最新の展望はこちらです。
2017年の日経新春杯の血統展望です。(2017年1月10日)

荒れる?荒れない?読みにくい日経新春杯を血統から読み解く予想方法関連ページ

2014年の中山金杯〜好走しちゃう馬の血統と条件を予想する
2014年の中山金杯の予想です。金杯で乾杯という言葉があるように、この金杯で当てられるかどうかってその後の1年で大切な指標になりますよね。この中山金杯の重要なポイントとは?
今年こそ!京都金杯を当てる!血統予想で万馬券を取りたい方へ
中山金杯と並んで1年の始まりを告げる京都金杯。毎年毎年、内枠の先行馬で決まるレースですが、徐々にそれも改善されるようで、内枠先行馬が過剰人気するようなら、少しずつ疑っていきたいですね。
シンザン記念を推理する〜血統からは難しい予想を強いられるこのレースの本質とは?
シンザン記念は荒れる重賞としても有名ですし、荒れる理由がわかりにくい重賞。3歳の早い時期ということもあり、地味な血統が活躍する難しいレースとなっています。
もうわけがわからない!フェアリーSは血統で予想できるのか?知っておきたいフェアリーSの真相。
難解な重賞で知られるフェアリーステークス。過去の走った馬たちを見ると、わからないことだらけです。ただいえるのは、SS系のあの血を持っていることです。
傾向が変わった重賞〜王道血統の穴馬から予想するのがベストな京成杯を予想するなら?
中山2000メートルで行われる重賞。マイナーSSを狙えば良かった重賞は、ナカヤマフェスタやエイシンフラッシュが出てきてちょっとずつ様相が変わってきています。その理由とは?
なぜか、あの種牡馬の子どもが大爆発!大穴を狙いたい京都牝馬Sの予想に欠かせない血統とは?
京都牝馬sは、荒れやすい重賞です。それも、そのはずで、芝の重賞では人気を落としやすいあの血が走るからです。東京の1600で強い血統を狙いたいですね。
そんなに荒れない?AJCCの血統からの狙い目はこれ!
アメリカジョッキークラブカップは、近年そんなに荒れていません。でも、こういうレースだからこそ、10番人気前後の人気薄を狙いたいですね。AJCCで狙うための血統予想とは?
ダートの中距離東海Sには、あのG1血統がいいんです。このレースを予想するには?
東海ステークスは、2013年から新中京競馬場の1800メートルになっています。ダートの中距離重賞ですが、芝のあの距離のG1とつながっているんです。そのG1とは?