お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

難しいシンザン記念〜血統から予想すると壁にぶつかってしまう難しい重賞です。

最新の予想はこちら

2017年のシンザン記念とフェアリーステークスの血統予想です。(2017年1月8日)

 

 

長らく更新をさぼっていてすみませんでした。
というわけで、2015年のシンザン記念です!


 

シンザン記念とは?
京都競馬場外回り1600メートルの重賞。
オルフェーヴルでも、負けてしまう特殊なレース。
サクラバクシンオー、マイネルラヴ、タイキシャトル、アドマイヤマックスといったスプリンター血統が活きるレースです。
フジキセキの産駒も走っているので、1200適性が一つのアドバンテージになりそうです。
また、内伸び馬場を味方にできた馬が勝利できるレース。
ただし、奥行きのある血統で好走した馬はその後も走ります。
それから、ノーザンテーストの血も大切なレースです。

 

 

今年のシンザン記念は荒れそうですね。
みんな一長一短という血統の馬ばかり。


 

 

そうですね。簡単なレースなんてないんですけど、
今回も難しく感じてしまいます。


 

 

血統から予想するとなると、難しいですね。
そういう場合は、1つのパターンに固執せずに2つのパターンでいくのがいいですね。
芝1200G1血統×ダートG1血統か、
芝1600G1血統×グランプリ血統がいいようですね。
では、見てみましょう。


 

2014年 良馬場
12・ミッキーアイル@ ディープインパクト×ロックオブジブラルタル
1・ウインフルブルームA スペシャルウィーク×サクラユタカオー
2・タガノグランパD キングカメハメハ×スペシャルウィーク

 

2013年 良馬場
2・エーシントップ@ テイルオブザキャット×アンブライドルズソング
12・ヘミングウェイH ネオユニヴァース×マキャヴェリアン
5・タマモベストプレイB フジキセキ×ノーザンテースト

 

2012年 良馬場
7・ジェンティルドンナA ディープインパクト×ベルトリーニ
3・マイネルアトラクトH アドマイヤマックス×トウカイテイオー
6・プレミアムブルーJ サムライハート×タイキシャトル

 

2011年 良馬場
8・レッドデイヴィスF アグネスタキオン×トニービン
1・オルフェーヴルB ステイゴールド×メジロマックイーン
4・マルセリーナE ディープインパクト×マルジュー

 

2010年 良馬場
4・ガルボC マンハッタンカフェ×ジェネラス
7・シャインH メイショウドトウ×サクラバクシンオー
1・セレスロンディーI プリサイスエンド×フジキセキ

 

 

というわけで、芝1200G1血統×ダートG1血統か、
芝1600G1血統×グランプリ血統がいいようですね。
ただ、最近は、芝1600G1血統×クラシック血統がいいように思います。
今年だと、サトノフラムが有力ですね。
それから、ハービンジャー×サンデーサイレンス×リファールのロードフェリーチェ。
このレースに向きそうな血統ですね。
では。


 

 

今年はやっぱりサトノフラムですねですね。
それから面白そうなのが、ノースストームですね。


 

 

後は京都の1600で強いディープインパクト産駒にも注目したいですよね。
ダートから芝の重賞ですが、どうでしょうか。


 

 

単純に人気のないSSの血を持つ馬も単純にいいんですよね。
僕はサトノフラムに全力です!


 

 

このレースで、穴を出すサクラバクシンオーの血にも注目ですね。
後は、外国人騎手がどの馬に乗るかにも注目ですね。


 

シンザン記念のまとめ。
芝1200G1血統×ダートG1血統。
芝1600G1血統×グランプリ血統。
がよい。
過去3年の傾向を見ると、それなりにスタミナの裏付けのある血統が来ている。
トニービン、メジロマックイーン、トウカイテイオー、ノーザンテースト、マキャヴェリアンなど。
2400以上のG1で活躍するか、活躍馬を出した馬が来ている。
この辺りを見ると、
ノースストーム、サトノフラム、ダンツメガヒット、ヤマニンマンドール
ロードフェリーチェ、ナヴィオン、クイーンズターフ
どれか2頭くらいは確実そう。
上記の血統条件を満たしながら、スタミナがありそうな血統は、
サトノフラム、ロードフェリーチェ、クイーンズターフになります。

 

以上を参考に狙ってみてください。

 

2016年のシンザン記念の予想

難しいシンザン記念〜血統から予想すると壁にぶつかってしまう難しい重賞です。

 

さて、シンザン記念です。
このレースは、2つの血統パターンを持つ馬が勝っているんです。


 

シンザン記念とは?
京都競馬場外回り1600メートルの重賞。
オルフェーヴルでも、負けてしまう特殊なレース。
サクラバクシンオー、マイネルラヴ、タイキシャトル、アドマイヤマックスといったスプリンター血統が活きるレースです。
フジキセキの産駒も走っているので、1200適性が一つのアドバンテージになりそうです。
また、内伸び馬場を味方にできた馬が勝利できるレース。
ただし、奥行きのある血統で好走した馬はその後も走ります。

 

 

シンザン記念って、血統予想の醍醐味みたいなレースだけど、
走っている馬をみていると、なかなか難しそうだね。


 

 

そうですね。簡単なレースなんてないんですけど、
今回は特に難しく感じてしまいます。


 

 

血統から予想するとなると、難しいですね。
そういう場合は、1つのパターンに固執せずに2つのパターンでいくのがいいですね。
では、見てみましょう。


 

2013年 良馬場
2・エーシントップ@ テイルオブザキャット×アンブライドルズソング
12・ヘミングウェイH ネオユニヴァース×マキャヴェリアン
5・タマモベストプレイB フジキセキ×ノーザンテースト

 

2012年 良馬場
7・ジェンティルドンナA ディープインパクト×ベルトリーニ
3・マイネルアトラクトH アドマイヤマックス×トウカイテイオー
6・プレミアムブルーJ サムライハート×タイキシャトル

 

2011年 良馬場
8・レッドデイヴィスF アグネスタキオン×トニービン
1・オルフェーヴルB ステイゴールド×メジロマックイーン
4・マルセリーナE ディープインパクト×マルジュー

 

2010年 良馬場
4・ガルボC マンハッタンカフェ×ジェネラス
7・シャインH メイショウドトウ×サクラバクシンオー
1・セレスロンディーI プリサイスエンド×フジキセキ

 

 

というわけで、芝1200G1血統×ダートG1血統か、
芝1600G1血統×グランプリ血統がいいようですね。
1200のG11で勝てるスピード、ダートで勝てる先行力。
これによって、京都の内伸び馬場を押し切るか、1600のG1を勝てる能力と、
小回りのG1になるグランプリを勝てる器用さを持つ馬。
それがいいんでしょうね。
それを考えると、適性がずれるのに好走したオルフェーヴルが、その後で活躍したのもわかります。
今年狙いたいのは、ビップレボルシオン。
父マンハッタンカフェ×母父メジロアイアン。
どちらも、芝の1600G1血統で、かつ、グランプリ血統です。
すでに、2頭が勝ちあがっている新馬戦で、0秒5という圧勝。
このレースで狙いたい馬ですね。
では。


 

 

なるほど。2パターンあると考えたほうが、
このレースの本質がわかるんだね。
内伸び馬場を押し切れる馬か、器用に立ち回れるマイラーか。
そういうことになるんだね。
人気馬だと、ウインフルブルームとミッキーアイルはかたそうだな。


 

 

ウインフルブルームは、このレースの好走パターンの2つを持っていますね。
私はタガノグランパに注目です。
芝1200G1血統×ダートG1血統です。
母父スペシャルウィークは、馬の力を全体的に底上げしてくれる非常にいい配合なんじゃないかと思っています。


 

 

僕はワイレアワヒネに注目ですね。
タイキシャトル×マーベラスサンデーの配合です。
タイキシャトルはマイル・スプリント戦で無敵でしたからね。
内枠がひけたなら、かなり注目です。


 

 

このレースで、穴を出すサクラバクシンオー産駒のビービーブレインにも注目ですね。
後は、外国人騎手がどの馬に乗るかにも注目ですね。


 

シンザン記念のまとめ。
芝1200G1血統×ダートG1血統。
芝1600G1血統×グランプリ血統。
がよい。
過去3年の傾向を見ると、それなりにスタミナの裏付けのある血統が来ている。
トニービン、メジロマックイーン、トウカイテイオー、ノーザンテースト、マキャヴェリアンなど。
2400以上のG1で活躍するか、活躍馬を出した馬が来ている。
人気が予想されるウインフルブルーム、ミッキーアイル、モーリスはその点はクリアしているので、
どれか1頭は確実そう。
上記の血統条件を満たしながら、スタミナがありそうな血統は、
アグネスミニッツ、タガノグランパ、ビップレボルシオン、ワイレアワヒメになります。

 

以上を参考に狙ってみてください。

 

 

2016年のシンザン記念の予想

シンザン記念を推理する〜血統からは難しい予想を強いられるこのレースの本質とは?関連ページ

2014年の中山金杯〜好走しちゃう馬の血統と条件を予想する
2014年の中山金杯の予想です。金杯で乾杯という言葉があるように、この金杯で当てられるかどうかってその後の1年で大切な指標になりますよね。この中山金杯の重要なポイントとは?
今年こそ!京都金杯を当てる!血統予想で万馬券を取りたい方へ
中山金杯と並んで1年の始まりを告げる京都金杯。毎年毎年、内枠の先行馬で決まるレースですが、徐々にそれも改善されるようで、内枠先行馬が過剰人気するようなら、少しずつ疑っていきたいですね。
もうわけがわからない!フェアリーSは血統で予想できるのか?知っておきたいフェアリーSの真相。
難解な重賞で知られるフェアリーステークス。過去の走った馬たちを見ると、わからないことだらけです。ただいえるのは、SS系のあの血を持っていることです。
荒れる?荒れない?読みにくい日経新春杯を血統から読み解く予想方法
日経新春杯は、10番人気以下の馬が来たかと思えば、1・2・3人気で決まるときもあります。G1馬がそろうとやはり、そのまま決まってしまいます。そんな日経新春杯を攻略するには?
傾向が変わった重賞〜王道血統の穴馬から予想するのがベストな京成杯を予想するなら?
中山2000メートルで行われる重賞。マイナーSSを狙えば良かった重賞は、ナカヤマフェスタやエイシンフラッシュが出てきてちょっとずつ様相が変わってきています。その理由とは?
なぜか、あの種牡馬の子どもが大爆発!大穴を狙いたい京都牝馬Sの予想に欠かせない血統とは?
京都牝馬sは、荒れやすい重賞です。それも、そのはずで、芝の重賞では人気を落としやすいあの血が走るからです。東京の1600で強い血統を狙いたいですね。
そんなに荒れない?AJCCの血統からの狙い目はこれ!
アメリカジョッキークラブカップは、近年そんなに荒れていません。でも、こういうレースだからこそ、10番人気前後の人気薄を狙いたいですね。AJCCで狙うための血統予想とは?
ダートの中距離東海Sには、あのG1血統がいいんです。このレースを予想するには?
東海ステークスは、2013年から新中京競馬場の1800メートルになっています。ダートの中距離重賞ですが、芝のあの距離のG1とつながっているんです。そのG1とは?