お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

競馬は馬券を買った時点で負けている

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ
こんにちは、ひろあ、です。

 

競馬初心者さんのための穴馬券を当てる講座A「競馬は馬券を買った時点で負けている」

 

買った時点で負けているんですよ!!競馬は!!

 

宝くじでも、競馬の馬券でも、
販売元が、ある程度のお金を最初に天引きします。

 

競馬の場合、そのレースに賭けられた馬券の20〜25%は、JRAの取り分となり、
私たちは75〜80%残ったお金を奪い合わなければなりません。

 

 

それが競馬の現実です。

 

 

何も考えずに馬券を買い続ければ、
私たちは、20〜25%のお金を失っていくわけです。

 

 

 

これが競馬の現実なんですね。

 

 

 

どこかの競馬ブログや、
どこかの競馬の予想家の人が、

 

 

2015年の回収率は、120%を超えました!!

 

 

なんて言っていると、
誰かの回収率は、80%になっているわけです。

 

 

JRAがある程度天引きしていることを考えれば、
負けている人は、もっと負けていることになります。

 

 

単純に2人の人だけの勝負としましょう。

 

2人の人が1000円ずつ賭けるとします。

 

1人が、回収率120%になるということは、
その人は、1200円の馬券が当たったことになります。

 

すでに、JRAが400円取っているので、
馬券が下手な人は、400円しか戻ってこない計算になります。

 

つまり、回収率は40%、になります。

 

 

これは、ありえない設定ですから、
強引なところもありますが、こういうことです。

 

 

回収率が100%を超えないということは、
かなり負けるということなんですね。

 

 

賭けた額以上を儲けている人がいるなら、
負けている人は、80%どころか、より負けているということなんです。

 

50や60%くらいでしょうか。

 

何も考えずに馬券をやれば、あなたの競馬の掛金10万円が、
5万円になってしまうというこことです。

 

 

私たちが知っておかないといけないことは、
競馬は馬券を買った時点で負けているということなんです。

 

 

そこから、スタートなんです。

 

 

そして、馬券を買う全員が、真剣に馬券を買っているわけではありません。

 

馬主だから、応援で買う。

 

余生でやることがない年金暮らしの方が馬券を買う。

 

お金を持っている方が、楽しみで馬券を買う。

 

など、割と大きな金額が、そこまで考えもなしに賭けられることも多々あるんですね。

 

 

だから、しっかり、競馬のことを知ることで、
あなたの回収率を上げることは可能なんです。

 

 

どうせ、競馬を楽しむなら、買うだけじゃなくて、儲けることもしたいですよね。

 

 

競馬の事について詳しくなることは、
これから長く競馬を楽しむ上で、最も大切なことなんですね。

 

 

 

 

 

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ

メニュー

競馬は馬券を買った時点で負けている関連ページ

穴馬券を狙わなくてはいけない理由
競馬大百科事典では、競馬超初心者でも馬券が当てられるようになる、おすすめの優良競馬商材のレビューや実践、その他、競馬に必要な知識を提供するブログです。あなたに足りないものをここから学んでいってください。
血統から穴馬券を取りたい人のための本当に知っておかなければならない血統の話
競馬大百科事典では、競馬超初心者でも馬券が当てられるようになる、おすすめの優良競馬商材のレビューや実践、その他、競馬に必要な知識を提供するブログです。あなたに足りないものをここから学んでいってください。
日本の種牡馬はこれだけおさえておいてください。
競馬大百科事典では、競馬超初心者でも馬券が当てられるようになる、おすすめの優良競馬商材のレビューや実践、その他、競馬に必要な知識を提供するブログです。あなたに足りないものをここから学んでいってください。
競馬商材ってどんなもの?
競馬大百科事典では、競馬超初心者でも馬券が当てられるようになる、おすすめの優良競馬商材のレビューや実践、その他、競馬に必要な知識を提供するブログです。あなたに足りないものをここから学んでいってください。