お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

穴馬券を狙わなくてはいけない理由

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ
こんにちは、ひろあ、です。

 

競馬初心者さんのための穴馬券を当てる講座@「どうして穴馬を当てなければいけないのか?」

 

競馬って穴馬を狙わないと勝てないんですよね。

 

競馬には2つの概念があります。

 

的中率と回収率です。

 

例えば、的中率90%で、回収率80%との人と、
的中率10%で、回収率150%の人がいるとして、

 

どちらが、儲かっている人でしょうか?

 

 

答えは、後者の的中率10%で、回収率150%の人ですよね。

 

 

今度は違う例で考えてみましょう。

 

 

単勝120円の1番人気の馬に毎回1000円賭けるとします。
4回的中すれば、4800円返ってくるわけです。
そして、5回目に外すと、投資金額は1000円の単勝を5回買ったので、5000円。
返ってきたお金は、4800円で、結果200円の損失です。

 

 

でも、複勝で600円つくような穴馬を、先ほどと同じで、1000円使って毎回狙った場合、
4回外しても、1回当てれば、6000円返ってきます。
5回分の馬券代が5000円ですから、1000円儲かったことになります。

 

 

実は、馬券というのは当て続けようとすると、
負けてしまうんです。

 

 

儲け続けられる馬券を買わないといけません。

 

 

そのために、穴馬を狙うんです。

 

 

ただ、闇雲に、血統や競馬新聞の馬柱を勉強しても意味がないんです。

 

 

先程は、単勝と複勝の例でしたが、
3連複を狙う場合も、1000円で10回馬券を買うとして、
9回はずれても、1回当たれば、2〜3万円になる馬券を買っておけば、
十分、儲けているわけです。

 

 

いかに当てるか。

 

 

よりも、

 

 

どんなはずれ馬券を自分は買っているか。

 

 

を考えなければなりません。

 

つまり、その馬券があたった時に、何回分の掛金ならペイできるのか、
もしくは、当てたいがために、儲けられない馬券を買いすぎていないか、を
考える必要があります。

 

 

どれだけ当てられるか、
よりも、どんなはずれ方をしているか。

 

 

それを考えることが、馬券がうまくなるコツです。

 

 

穴馬を狙うということは、この回収率を上げることにつながり、
回収率が上がるということは、競馬で儲けている、ということなんです。

 

 

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ

メニュー

穴馬券を狙わなくてはいけない理由関連ページ

競馬は馬券を買った時点で負けている
競馬は馬券を買う時点ですでに負けているという話です。あなたが競馬初心者ならまず知っておかないといけない話です。
血統から穴馬券を取りたい人のための本当に知っておかなければならない血統の話
競馬大百科事典では、競馬超初心者でも馬券が当てられるようになる、おすすめの優良競馬商材のレビューや実践、その他、競馬に必要な知識を提供するブログです。あなたに足りないものをここから学んでいってください。
日本の種牡馬はこれだけおさえておいてください。
競馬大百科事典では、競馬超初心者でも馬券が当てられるようになる、おすすめの優良競馬商材のレビューや実践、その他、競馬に必要な知識を提供するブログです。あなたに足りないものをここから学んでいってください。
競馬商材ってどんなもの?
競馬大百科事典では、競馬超初心者でも馬券が当てられるようになる、おすすめの優良競馬商材のレビューや実践、その他、競馬に必要な知識を提供するブログです。あなたに足りないものをここから学んでいってください。