お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

セントライト記念を予想するなら、競馬大百科事典をまずは見てください!

 

さあ、牡馬クラシック最後の菊花賞への登竜門。
セントライト記念。神戸新聞杯とこちらと荒れるならこっちのほうが高確率ですね。


 

セントライト記念とは?
中山競馬場2200メートルの芝のG2。
菊花賞とつながらないように見えて、つながる不思議なレース。
そして、ここでの好走馬が凱旋門賞でも激走してしまうほど、重厚なスタミナがものをいうレース。
アグネスタキオンが強いように見えるが、好走した馬は母母父にヌレイエフやノーザンテーストなど、
凱旋門賞や天皇賞(春)・菊花賞を出した馬を持つ。
好走馬のパターンは2つ。
それは、これから解説します。

 

 

なんといっても、ナカヤマフェスタが凱旋門賞2着。
ステイゴールド産駒はやっぱり注目だね。
ケイアイチョウサンとドラゴンレジェンドは、楽しみですね。
後は、中山大得意のブライアンズタイム産駒。


 

 

そうですね。このレースは、血統以上に枠が大切なんです。
血統で狙えそうな馬の中から、1枠。もしくは、6〜8枠の馬が狙い目です。
ね、部長。


 

 

証拠を見てもらいましょう。
以下になります。


 

2012年 良馬場
12・フェノーメノ@ ステイゴールド×デインヒル
2・スカイディグニティM ブライアンズタイム×ノーザンテースト
15・ダノンジェラートC ディープインパクト×ピヴォタル(ジャック・ル・マロワ賞馬輩出)

 

2011年 良馬場
11・フェイトフルウォーE ステイゴールド×メジロマックイーン
2・トーセンラーB ディープインパクト×リシウスジャック・ル・マロワ賞2着馬)
14・サダムパテック@ フジキセキ×エリシオ(凱旋門賞馬)

 

2010年 良馬場
13・クオークスターC アグネスタキオン×ヘクタープロテクター(ジャック・ル・マロワ賞)
15・ヤマニンエルブB サッカーボーイ×ディンバーカントリー(朝日杯馬輩出)
2・アロマカフェA マンハッタンカフェ×ハートレイク

 

 

スタミナ血統×スタミナ血統。
もしくは、ダービー血統・スタミナ血統×1600血統になります。
この中で、1枠そして、6〜8枠に入った馬を狙ってください。
該当馬はたくさんいるので、ある程度絞っておいて、枠が決まってから改めて考えるのがいいのではないでしょうか。
では。


 

 

ちなみに、ダービー血統・スタミナ血統×1600血統の場合、母母父にスタミナ血統があるか、1600血統自体が凱旋門賞などのスタミナが問われるレースに強い産駒を出していることがほとんど。
ヤマニンエルブの母母父はサドラーズウェルズ、アロマカフェのハートレイクの父はヌレイエフで凱旋門賞馬輩出。
クォークスターの母母父もノーザンテースト。
トーセンラーの母母父はサドラーズウェルズで本人も天皇賞(春)を2着。
ダノンジェラートの母方も欧州のスタミナ寄りの血統でした。
該当馬が多いので、大変といえば大変なんですが、狙い馬を。
トルークマクトは父アドマイヤジャパン(ディープインパクトの菊花賞2着馬)と母方はサドラーズウェルズの血を引きます。
それから、サイモンラムセス。父はディープインパクトの兄弟で、母父マヤノトップガン・母母父リアルシャダイで、ザ菊花賞というような血統。
血統が地味なので、人気にならなさそうですが、枠次第で狙いたい2頭です。


 

 

ナンヨーケンゴーもちょっと面白いかな。月曜日で騎手が確定していないのが不安だけれど。
枠の発表が楽しみだね!!


 

セントライト記念まとめ。
1枠か6〜8枠。1枠から1頭。6〜8枠で2頭というのがここ3年。
2010年勝ち馬ナカヤマフェスタは凱旋門賞2着。3着フォゲッタブルは菊花賞2着。
2011年2着トーセンラーは菊花賞3着・天皇賞(春)2着。
2012年1着フェノーメノは天皇賞(春)1着。2着スカイディグニティは、菊花賞2着。
スタミナ血統×スタミナ血統に注目。今後、長距離スタミナレースで活躍しそうな馬がいい。
後は、スタミナ血統・ダービー血統×マイル血統(母母父にスタミナ血統がいる)

 

以上を参考にセントライト記念に挑んでください。

セントライト記念@予想と血統と凱旋門賞と関連ページ

札幌2歳ステークスの予想〜血統から見る重賞の予想とは?
札幌2歳ステークスの予想をするには?2歳。洋芝。1800メートル。紛れることのないレース。やはり、実力を認められた人気馬は強いですね。その中で穴馬を探すには?
新潟記念の予想とやっぱり新潟はこの血に注目!
名物サマー2000の新潟記念。グレイソブリン系とロベルト系の血が生きるレース。さて、今年の出走馬でこの傾向に合致する馬は?
小倉2歳ステークス|予想のための血統傾向分析
小倉2歳ステークス予想のための血統分析です。小倉競馬場のレースですが、あの競馬場のG1馬が好走するみたいです。
京成杯オータムハンデを予想するための血統分析
9月の名物重賞です。9月の開幕週の中山競馬場。やはり内枠が有利ですが、内枠の中のどの馬を狙うかがポイントになりますよね。そのポイントとは?
セントウルステークス|予想のための血統診断
セントウルステークスは、阪神競馬場の1200メートル。特徴は、なんといっても、あのマイルG1馬輩出血統が走っているんです。その血統とは?
ローズS|血統から見るレース予想とは。
ローズステークスは秋華賞の大事なステップレースです。意外に荒れることもあるローズステークス。狙うなら、この血統なんです。
神戸新聞杯|予想のための血統講座
神戸新聞杯の予想をあなたに。荒れないレースで有名な神戸新聞杯。でも、実は、何年かに一度は荒れるんです。荒れたときの準備をしておくのは予想をする中で大切ですよね。
オールカマーの血統予想-意外にあのレースと直結している?
秋のステップレースとして、面白い位置づけのオールカマー。過去、メジロドーベルがステップレースで参戦したことやマツリダゴッホが3連覇したことで有名なレースですね。
シリウスステークスの予想|血統傾向はこちら
リピーターレースとして有名になりつつあるシリウスステークス。これといった狙い目はないですが、ゆっくり見ていくと少し穴が拾えそうなレースです。
スプリンターズステークスの予想|あのレースの縁のある血統が走る!
スプリンターズSの予想。もちろん、スプリント血統が強いのですが、実はあの世界的なレースとつながりのあるレースだったんです。そのレースとは?