お知らせ

遺伝子は嘘をつかない

9人気1着の馬が3分でわかる『重賞事典』

3分で、重賞のことがわかる重賞事典です。競馬商材の特典として、購入者のみに配布していました。けれど、2016年のチャレンジカップ、9人気1着の馬も、5人気2着の馬も、11人気3着の馬も、すべて『ホールブラッド重賞事典』の注目血統馬でした。朝日杯の6人気1着サトノアレスも注目血統馬でした。
この100円が、今週のあなたの万馬券につながるかもしれません。
2017年のファルコンS・スプリングS・阪神大賞典・フラワーC発売開始しました!

馬のレベルを走ったレースから推測する方法とは?

 

佐伯大輔です。
僕でもできる馬のレベルを知る方法をお教えします。

 

今回は、レースで見る馬のレベルです。

 

Aという馬が500万下を勝って、3歳重賞に出てきたとしましょう。

 

もちろん、血統や調教、騎手、枠も大事なんですが、
その500万下のレースレベルそのものがどうだったのか。

 

を見るのが大事なんですね。

 

調べ方は簡単です。

 

そのレースを走った他の馬のその後はどうなのか、ということです。

 

競争馬のほとんどは、2勝もせずに引退します。

 

逆に言えば、その500万下のレースで、
そのレースの後、2勝目をあげているような馬がいれば、
そのレースのレベルは高かったと推測できます。

 

だから、そのレースで勝った馬は強く、
この重賞でも勝負になる。

 

そんな風に考えるんですね。

 

たとえば、2013年のアーリントンカップの
コパノリチャード。

 

この馬は、白梅賞という500万下のレースを勝って、
アーリントンカップに挑んできました。

 

こういう時は、重賞経験馬の方が有利なんですが、
コパノリチャードはそのまま勝ちます。

 

このコパノリチャードが勝った白梅賞の
2着馬プリムラブルガリスや14着馬のタガノエンブレムが、すぐにその後、500万下を勝っているんですね。
そんなレースを楽勝したコパノリチャードは間違いなく強いわけです。

 

これを知っている人と、知らない人とでは、
馬券の的中率が変わってきますよね。

 

今のネット社会なら簡単に確認できることなので、
ぜひ、出走馬の前走がレベルの高いレースだったのかどうか、調べてみてくださいね。
コパノリチャードは人気になってしまいましたが、
人気にならない馬もいるので、注目してください。

メニュー

馬のレベルを知る方法〜レース編〜関連ページ

馬のレベルを知る方法〜前走編〜
きちんと前走のレースレベルを調べていますか?ラップとか、ペースは関係ありません。今、出ているレースより格が上か下かです。それを見ていますか?
馬のレベルを知る方法〜調教編〜
追い切りを見るだけで、今回のレースはダメでも、次回につなげられる馬がいます。調教から見る馬のレベル。それを今回お伝えします。