お知らせ

遺伝子は嘘をつかない

9人気1着の馬が3分でわかる『重賞事典』

3分で、重賞のことがわかる重賞事典です。競馬商材の特典として、購入者のみに配布していました。けれど、2016年のチャレンジカップ、9人気1着の馬も、5人気2着の馬も、11人気3着の馬も、すべて『ホールブラッド重賞事典』の注目血統馬でした。朝日杯の6人気1着サトノアレスも注目血統馬でした。
この100円が、今週のあなたの万馬券につながるかもしれません。
2017年のフェブラリーステークス、ダイヤモンドステークス、小倉大賞典、京都牝馬ステークス発売開始しました!

馬のレベルを知るために!前走を見よう。

 

こんにちは、佐伯大輔です。
このコーナーは僕が解説しますね。

 

重賞で勝つために必要なことの第一段階は、

 

前走より楽になっている馬を探すことです。
楽になっているもしくは、条件が良くなっている。

 

これを、当サイトでは『好転馬』と呼ぶことにしています。

 

探し方は、

 

@重賞の格が下がっていないか。前走G1から、今走G2〜G3になっていないか。

 

A坂のあった競馬場から、ない競馬場になっていないか。
中央4場では、中山>阪神>東京>京都が基本です。

 

B中央の4場から、ローカル競馬場に行っていないか。

 

Cリーディング上位騎手に乗り替わっていないか?外国人騎手に替わっていないか?
※いわゆる勝負気配。というやつです。ただし、地味な騎手でも乗れる騎手はいるので、ちょっと注意が必要。

 

D前走外国人騎手で乗っていて、日本人騎手への乗り替わりで人気を落としていないか?
※たとえば、前走勝利馬は今走で基本的に人気になるので、マークされて厳しいレースになるのですが、
日本人騎手に乗り替わると、人気が下がり、厳しいレースをしなくてよくなります。
フェブラリーSのグレープブランデーがまさにそうでした。

 

基本はこの5要素です。

 

最も、@〜Dの順番で見るとブレずに馬が探せます。

 

このページを書いている直近のレースで解説します。

 

2月の17日に行われた小倉大賞典。
1番人気は、500万・1000万・1500万を3連勝したパションダンス。
当サイトの推奨は、6番人気ヒットザターケットでした。
結果は1着ヒットザターゲット。パッションダンスは5着でした。

 

ちなみに、パッションダンスに先着した4頭のうち、2頭がG2からG3にレースの格が下がり、
2頭は中央の中山金杯・京都金杯からの参戦でした。

 

もちろん、格上の挑戦で勝つ馬もいます。
そういう馬は、今後大きく出世していきます。

 

でも、やはり、重賞の壁は厚いんです。

 

とても、単純なことなのに、
見逃す人が多いので、馬券的にもおいしいですよね。

 

簡単ですので、ぜひ、頭に入れておいてください。

 

メニュー

馬のレベルを知る方法〜前走編〜関連ページ

馬のレベルを知る方法〜調教編〜
追い切りを見るだけで、今回のレースはダメでも、次回につなげられる馬がいます。調教から見る馬のレベル。それを今回お伝えします。
馬のレベルを知る方法〜レース編〜
馬のレベルは前のレースの1着・2着・3着以下を調べればいいんですよね。本当に今は、ヤフーの競馬ですぐにわかるのに、もったいないですね。すぐにわかるレースレベルとは?