お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

キーンランドCの予想と重賞予想と血統と【2014年】

 

サマースプリント対象重賞。
2013年は札幌競馬場のスタンド改修のため、函館競馬場で行われました。
なので、2014年の今回は、2013年のことは無視したいと思います。


 

キーンランドカップとは?
札幌競馬場の1200メートルの芝の重賞。
2013年は改修のため、函館競馬場で行われます。
注目種牡馬は、スウェプトオーヴァーボード、ファルブラヴ、クロフネ。
欧州の長距離血統にも注目ですね。
ホワイトマズルやチーフベアハートといったノーザンダンサー系にも注目です。
過去、札幌の時には、荒れていたこともあるので、注目したいですね。
2014年はパドトロワの突然の復活にも注意したいですね。

 

 

パドトロワの存在が気になって仕方ないなぁ。


 

 

確かに、内枠の馬を単純に狙うのが大切ですよね。


 

 

過去3年のデータですが、
血統も見てみましょう。


 

2012年 良馬場
2・パドトロワB スウェプトオーヴァーボード×フジキセキ
5・ダッシャーゴーゴー@ サクラバクシンオー×ミスワキ
11・テイエムオオタカC ホワイトマズル×ネヴァーダンス

 

2011年 良馬場
8・カレンチャン@ クロフネ×トニービン
9・ビービーガルダンE チーフベアハート×ウェストミニスター
12・パドトロワC スウェプトオーヴァーボード×フジキセキ

 

2010年 良馬場
10・ワンカラットA ファルブラヴ×ピストレットブルー
5・ジェイケイセラヴィE スクワートルスクワート×コマンダーインチーフ
3・ベストロケーションG クロフネ×ノーザンテースト

 

 

芝のマイルG1を輩出した種牡馬を父か母父に入っているのが、条件のようですね。
ただ、テイエムオオタカやビービーガルダンを見ていると、長距離種牡馬の期待値が高いように思えますね。
函館競馬場では、2013年の函館2歳ステークスで、トーセンダンス(ダンスインザダークの兄弟)×スウェプトオーヴァーボードの産駒が好走しています。
スウェプトオーヴァーボードの血は、函館の1200で重要になるかもしれませんね。
と言いました。
また、これだけSS系の血が走っていないのも面白いですね。
今年は、パドトロワに注目と、外枠に入りましたが、フォーエバーマークにも注目ですね。
では。


 

 

僕は、やっぱりパドトロワ。
内枠で外国人騎手。
もし、もしも、復活があるならここだと思う。


 

 

私は、クリーンエコロジーですね。
大穴ですが、前走は、大外で負けました。
今回は少しは前進がありそうです。


 

 

人気どころなら、フクノドリームだね。
アイビスで、それなりに好走したのに、人気がそこまでなさそうなのがいいね。
後は、サンカルロ。去年は大敗したけれど、枠のせいだと思うので、ダイナフォーマーというロベルト系の馬も過去穴をあけているので、
サンカルロにも注目です。


 

キーンランドカップのまとめ。
亀谷氏によると、阪神の1400や中山1600に適性のある馬・もしくは、その適性がありそうな馬。
スウェプトオーヴァーボードの血に注目。
ノーザンダンサー系。特に天皇賞や菊花賞にゆかりのある血か、ダンシングブレーヴの血統。
ノーザンダンサー系で牝馬なら、期待値が高い。

 

以上を参考にしてください。

キーンランドCの予想と重賞予想と血統と(2013年)

 

サマースプリント対象重賞。
2013年は札幌競馬場のスタンド改修のため、函館競馬場で行われます。


 

キーンランドカップとは?
札幌競馬場の1200メートルの芝の重賞。
2013年は改修のため、函館競馬場で行われます。
注目種牡馬は、スウェプトオーヴァーボード、ファルブラヴ、クロフネ。
欧州の長距離血統にも注目ですね。
ホワイトマズルやチーフベアハートといったノーザンダンサー系にも注目です。

 

 

過去のデータとはちょっと違うんだろうなぁ。
やっぱり、函館は難しいと思ってしまう。


 

 

でも、だからこそ、面白い馬券にもなるので。
時にこういうのもいいと思いますけど。
部長は大変でしょうけど。


 

 

それでも、血統からのアプローチはやめませんよ。
過去3年のデータです。


 

2012年 良馬場
2・パドトロワB スウェプトオーヴァーボード×フジキセキ
5・ダッシャーゴーゴー@ サクラバクシンオー×ミスワキ
11・テイエムオオタカC ホワイトマズル×ネヴァーダンス

 

2011年 良馬場
8・カレンチャン@ クロフネ×トニービン
9・ビービーガルダンE チーフベアハート×ウェストミニスター
12・パドトロワC スウェプトオーヴァーボード×フジキセキ

 

2010年 良馬場
10・ワンカラットA ファルブラヴ×ピストレットブルー
5・ジェイケイセラヴィE スクワートルスクワート×コマンダーインチーフ
3・ベストロケーションG クロフネ×ノーザンテースト

 

 

芝のマイルG1を輩出した種牡馬を父か母父に入っているのが、条件のようですね。
ただ、テイエムオオタカやビービーガルダンを見ていると、長距離種牡馬の期待値が高いように思えますね。
函館競馬場では、2013年の函館2歳ステークスで、トーセンダンス(ダンスインザダークの兄弟)×スウェプトオーヴァーボードの産駒が好走しています。
スウェプトオーヴァーボードの血は、函館の1200で重要になるかもしれませんね。
では。


 

 

僕は、サンカルロが気になるなぁ。
芝マイルG1馬も出しているし、戦ってきた面子がここでは一歩抜けている気がするしなぁ。
難しい。


 

 

私は、プリンセスメモリーとシュプリームギフトに注目です。
プリンセスメモリーは函館1200と相性のいいスウェプトオーヴァーボードで、母父バブルガムフェローは、朝日杯の勝ち馬。
シュプリームギフトは、ディープインパクトの子ども。1600G1にも実績ありますし、菊花賞・天皇賞(春)馬の子でもあります。
後は、勢いのストレイトガールですね。


 

 

勢いのある馬か、血統の適性のある馬が勝つか。
見どころの多いレースですね。
フォーエバーマークはやっぱり注目ですね。


 

キーンランドカップのまとめ。
亀谷氏によると、阪神の1400や中山1600に適性のある馬・もしくは、その適性がありそうな馬。
スウェプトオーヴァーボードの血に注目。
ノーザンダンサー系。特に天皇賞や菊花賞にゆかりのある血か、ダンシングブレーヴの血統。
ノーザンダンサー系で牝馬なら、期待値が高い。

 

以上を参考にしてください。

キーンランドカップの穴予想をあなたに|血統から見る重賞予想関連ページ

レパードステークスで穴馬券を獲るための予想のポイント!
荒れないレースとして有名なレパードステークスですが、もう5年目。そろそろ、血統から穴馬券になる馬が出てきてもおかしくないレースです。
小倉記念‐荒れる重賞をきちんと取る予想方法
荒れる重賞として有名な小倉記念。距離以上のスタミナが必要となるレース。天皇賞(春)・菊花賞・凱旋門賞にゆかりのある血統が好走するレースです。
関屋記念の穴馬を当てる予想をするなら
タニノギムレット産駒がめちゃくちゃ走るコースで知られる新潟競馬場の1600。関屋記念は意外に荒れたりするコースですね。このコースにあうタニノギムレット産駒以外の産駒とは?
北九州記念の予想と血統傾向
伝統の小倉競馬場のスプリント戦。サクラバクシンオー産駒がどれか走ることで有名です。その中でどれが走るのか、過去の傾向から調べてみませんか?
札幌記念の予想と血統傾向|馬券を当てるための簡単データとは?
札幌記念には特徴がありますよね。差して勝った馬は、東京の秋のG1で活躍し、先行して勝った馬は有馬記念で狙える。そんなレースです。G2の中でも各上のレース。今後の馬の活躍を見守りたいですね。
新潟2歳ステークス@予想をするためのコース適正血統とは?
2歳重賞の名物重賞。この重賞が注目なのは、マイネルラクリマやマイネイサベル・ジャスタウェイ、などのその後の活躍馬が出ていること。荒れる重賞なので、しっかり当てたいですね。