お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

ウイングチケット(マンガ)の第2巻のレビューです。

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ

 

ウイニングチケットの第2巻のレビューです。

 

あらすじは、ライバルのエドに対抗するため、
牧場を手に入れたい二階堂たちは、馬券によってその資金を集め、
父親の知り合いに、牧場を譲ってもらうために話し合いに行くが・・・・・

 

 

この競馬漫画「ウイニングチケット」は、人とのつながりがテーマなんですよね。

 

 

馬作りは、人づくり。

 

 

人の出会いが、馬の出会いにつながる。

 

 

だから、競馬って面白いんだなぁって、再確認しました。

 

 

知り合いの子供が、馬が走ってるのなんか見て、
何が面白いのって言うんですよね。

 

 

競馬ってほんと、そうですよね。

 

 

馬が走っているのを1分、2分見るだけなんですよね。

 

 

なのに、面白い。

 

 

馬券があたったあたらなかった、だけじゃない面白さがある。

 

 

競馬が大好きになってしまう人。
それは、そこに「人」を感じているからだと思うんです。

 

 

ウイニングチケットは、馬の話なんですが、
人が成長していく話なんです。

 

 

社長になった主人公の二階堂も、
そこに惹かれて集まった親友の佐伯も、
新しく牧場で働くことになった一丸たちも、
みんな壁にぶつかって乗り越えていく。

 

 

そこに、その瞬間に、
ヨシムネやキンタといった馬たちが出てくる。

 

 

実際のレースに出てくる一頭一頭の物語を僕たちは知ることはできないけど、
でも、そこにひとつの物語があることは知っているから、
馬券がハズれてもその人たちの糧になるなら、
それはそれでいいかって思えるんですよね。

 

 

競馬ってきちんと遊べば、
時々は自分のお金が増えるし、
増えなくても、こういう牧場で働く人たちのもとに賞金なり、
馬主の次の馬を買うお金として動いていくし、
その人たちのおかげでまた、
僕たちの胸をワクワクさせてくれる馬に出会えるわけです。

 

 

つながっているんですよね。

 

 

競馬って。

 

 

だから、面白い。

 

僕が競馬をやめないし、ずっと見てしまうのは、そこにあるんだと思います。

 

今日は嫁のパソコンの修理のために、
ヨドバシカメラに行ってたので、レースは見れなかったんですが、

 

やっぱり、競馬って最高です。

 

その面白さに気づかさせてくれる2巻目でした。

 

 

 

 

 

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ

メニュー

ウイニングチケット(漫画)第2巻レビュー関連ページ

ウイニングチケット1巻レビュー
競馬漫画の最高峰、ウイニングケットのレビューです。1巻から、レビューしています。