お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

ウイニングチケット1巻レビュー

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ

 

ウイニングチケット1巻レビューです。

 

こんにちは、ひろあ、です。

 

もしも、願いが叶うなら。

 

私は、このウイニングチケットの漫画スタッフで、
ウイニングチケットの続編、
もしくは、このスタッフでまた熱い競馬漫画が読みたいと思います。

 

なので、ウイニングチケット全巻レビューを敢行したいと思います。

 

 

まずは、ウイニングチケットの第一巻から。

 

 

主人公の二階堂の生い立ち。
そして、ライバル馬主のエドの登場。
最大の親友、佐伯との再会。

 

 

と、この漫画の主要キャラクターが出てくる巻になります。

 

 

 

ここで描かれるのは、
華やかな競馬の舞台裏。

 

 

厳しい生産の世界の裏側が描かれます。

 

 

漫画の面白さ、という点では、全く面白くない巻ですが、
この巻がないと、このあとの、ウイニングチケットの面白さが出てきません。

 

 

父が自殺をし、
競馬場や北海道を転々としながら、
一人だった二階堂が、
いろんな人々にであっていく。

 

 

そのきっかけとなるが、
奇しくも、自分の父の自殺の原因となった男と出会ったから。

 

 

過去の不幸を嘆くだけじゃなく、
その不幸を乗り越えようとして、一人立ち向かうとき、
本当の仲間に出会えるのかな、なんて、あおいことを思ったり。

 

 

ウイニングチケットの始まりの1巻。

 

 

主人公・二階堂の執念と、
仲間と出会う始まりの巻です。

 

 

ウイニングチケットが好きな人は、ぜひ、あなたの思いを私にメールしてくださいね。
一緒に盛り上がりましょう。

 

 

では。

 

応援クリックしていただくと、喜びます。

競馬・血統理論 ブログランキングへ

メニュー

ウイニングチケット1巻レビュー関連ページ

ウイニングチケット(漫画)第2巻レビュー
胸熱競馬ドラマ漫画ウイニングチケットの全巻レビューです。今回は、第2巻をレビューしていきます。