お知らせ

蘆口真史さん、浅田真人さん、川田信一さん、秋山亮二さん、 この4人の馬券師さんの新馬券術と競馬ソフトがついたものです。

月々408円で買える分割払いにも対応したそうです。一度、覗いておくと良いかもしれません。

>>>>詳しくはこちら<<<<

七夕賞|予想&血統の話を真剣にしてみた!2014年

 

さて、七夕賞です。なぜか、7月7日の七夕賞は7のつく馬が激走するんですね。
不思議なレース。
2014年は、7月13日に行われます。


 

福島競馬場2000メートルの芝のハンデ重賞。
7月7日の七夕賞は、7に関する馬が激走する。2014年は7月13日におこなれます。
アフリート産駒、アフリートの子・スターリングローズ産駒が激走中!
ただし、2014年に関しては関係なさそうです。
ニジンスキーを持つ馬も激走。
2013年の該当馬は、トレイルブレイザー・オートドラゴン・タガノエルシコ・ナリタクリスタル・ゴールスキー・ラッキーバニラになります。
人気のなかったトレイルブレイザーとタガノエルシコが激走。
差し・追込みが決まりやすいレースです。

 

 

夏競馬は、血統の適性が重要になります。
なので、血統馬券が楽しい時期ですね。
去年は、トレイルブレイザーとタガノエルシコが走りました。
今年もばっちり当てたいですね。


 

 

今年も穴馬を当てたいですね。
さて、過去の傾向です。


 

2013年 良馬場
4・マイネルラクリマ@ チーフベアハート×サンデーサイレンス
10・トレイルブレイザーF ゼンノロブロイ×フォーティナイナー
2・タガノエルシコM マヤノトップガン×ダンスインザダーク

 

2012年 稍重馬場
6・アスカクリチャンM スターリングローズ×ダイナレター
5・トーセンラー@ ディープインパクト×リシウス
7・ミキノバンジョーF グラスワンダー×リヴリア

 

2010年 良馬場
8・ドモナラズJ アフリート×ナリタハヤブサ
7・アルコセニョーラE ステイゴールド×モガンボ
9・サンライズベガ@|10・バトルバニヤンA アドマイヤベガ×シアトリカル|ジャングルポケット×クラフティプロスペクター

 

2009年 良馬場
14・ミヤビランベリ@ オペラハウス×ホリスキー
8・アルコセニョーラC ステイゴールド×モガンボ
13・ホッコーパドゥシャA マヤノトップガン×ヤマニンスキー

 

 

ニジンスキーを持っている血統が激走していますね。
トレイルブレイザー・オートドラゴン・タガノエルシコ・ナリタクリスタル・ゴールスキー・ラッキーバニラ
ただし、2012年は、ダンチヒを持っているアスカクリチャンとミキノバンジョーが走っています。
トーセンラーは2013年の天皇賞(春)2着馬。実力馬なので、除外するとして、
やはり、ニジンスキー・ダンチヒの血を内包しているのが良さそうですね。
ダンチヒだとマイネルラクリマですね。
と去年書いたら、すべてきましたね。
今年は、ニジンスキーが、
メイショウナルト
オートドラゴン
ヴィクトリースター
ラブリーデイ
グランデスバル
ロードオブザリング
ダンチヒが、
マイネルラクリマ
ニューダイナステイ
ミキノバンジョー
イケドラゴン
この中でも、ディープインパクトの2頭は楽しみですね。
後はおすすめが、ロードオブザリングになります。
解説は、お二人にお任せします。
では。


 

 

この中で、私は、天皇賞(春)か菊花賞を自身が勝つか産駒が複数勝っている産駒出している種牡馬が父か母父。
天皇賞(春)か菊花賞を自身が勝つか産駒が複数勝っている産駒出している種牡馬が父か母父×凱旋門賞のような馬だと勝ちきる可能性もあります。
もしくは、「桜花賞」を勝っている血統ですね。
アフリート・リヴリアって、アフリートの産駒にプリモディーネがいますし、リヴリアは母父でテイエムオーシャンを出しています。
ということを、去年いわせていただきました。
今年のロードオブザリングは、父ホワイトマズルで母父サンデーサイレンス、母母父がマルゼンスキーで、ニジンスキーを持ちながら、上記の条件を満たしているんですね。人気がないなら、普通に狙ってみたい馬ですね。


 

 

後は、枠だね。
極端に外か、内枠が良さそうですね。
ペースが流れれば、中枠が台頭しそうですね。
この点だと、メイショウナルトが良さそうだね。
ハーツクライ産駒は騎手が変わったほうが走るので、田辺騎手は心強いですね。


 

 

私は、ヴィクトリースターですね。
ディープインパクト×カーリアンの血に注目です。


 

七夕賞まとめ。

  • 差し・追込み有利。(特に、1800以下で届かなかった馬。)
  • ニジンスキーの血がいい。ただ、今後はダンチヒにも注目。
  • スタミナ×スタミナ血統だと勝ちきる。(過去ミヤビランベリが2連勝)→エクスペディションとフェタモルガーナ。
  • 近い枠順の馬が走る傾向にあり。
  • おそらく恵まれる条件がそろうのでしょう。

 

このあたり意識して予想しててください。

 

 

七夕賞とは。
正賞は福島県知事賞、福島商工会議所会頭賞。ハンデ重賞。2006年から、混合競争の国際競争に変更され、サマー2000シリーズに指定されています。ここを勝ったミヤビランベリとイタリアンレッドがサマー2000に優勝。基本ここを勝つような馬はG1では足りないのですが、サイレンススズカの悲劇の天皇賞で勝利したオフサイドトラップや、ダートでもG1を勝ったイーグルカフェが出ています。イタリアンレッドやミヤビランベリにしても、ここを勝ちきる馬は、複数の重賞を制覇しています。そして、適性外であるのに好走しているようなトーセンラータイプも、その後の活躍に注目です。2012年は、中山競馬場での開催になっているので、当サイトではのぞいています。過去のメイショウカイドウやサンバレンティン(父・スペシャルウィーク)もニジンスキーの血を持っており、このレースはやはり、ニジンスキーの血は重要です。

2013七夕賞の予想

 

さて、七夕賞です。なぜか、7月7日の七夕賞は7のつく馬が激走するんですね。
不思議なレース。早速予想してみましょう。


 

福島競馬場2000メートルの芝のハンデ重賞。
7月7日の七夕賞は、7に関する馬が激走する。2013年の七夕賞は、7月7日。
アフリート産駒、アフリートの子・スターリングローズ産駒が激走中!
ただし、2013年に関しては関係なさそうです。
ニジンスキーを持つ馬も激走。
2013年の該当馬は、トレイルブレイザー・オートドラゴン・タガノエルシコ・ナリタクリスタル・ゴールスキー・ラッキーバニラになります。
差し・追込みが決まりやすいレースです。

 

 

夏競馬は、血統の適性が重要になります。
ここは部長の出番ですね。


 

 

ちょっと面白い傾向も出ているので、注目ですね。


 

2012年 稍重馬場
6・アスカクリチャンM スターリングローズ×ダイナレター
5・トーセンラー@ ディープインパクト×リシウス
7・ミキノバンジョーF グラスワンダー×リヴリア

 

2010年 良馬場
8・ドモナラズJ アフリート×ナリタハヤブサ
7・アルコセニョーラE ステイゴールド×モガンボ
9・サンライズベガ@|10・バトルバニヤンA アドマイヤベガ×シアトリカル|ジャングルポケット×クラフティプロスペクター

 

2009年 良馬場
14・ミヤビランベリ@ オペラハウス×ホリスキー
8・アルコセニョーラC ステイゴールド×モガンボ
13・ホッコーパドゥシャA マヤノトップガン×ヤマニンスキー

 

 

ニジンスキーを持っている血統が激走していますね。
トレイルブレイザー・オートドラゴン・タガノエルシコ・ナリタクリスタル・ゴールスキー・ラッキーバニラ
ただし、2012年は、ダンチヒを持っているアスカクリチャンとミキノバンジョーが走っています。
トーセンラーは2013年の天皇賞(春)2着馬。実力馬なので、除外するとして、
やはり、ニジンスキー・ダンチヒの血を内包しているのが良さそうですね。
ダンチヒだとマイネルラクリマですね。
では。


 

 

この中で、私は、天皇賞(春)か菊花賞を自身が勝つか産駒が複数勝っている産駒出している種牡馬が父か母父。
天皇賞(春)か菊花賞を自身が勝つか産駒が複数勝っている産駒出している種牡馬が父か母父×凱旋門賞のような馬だと勝ちきる可能性もあります。
もしくは、「桜花賞」を勝っている血統ですね。
アフリート・リヴリアって、アフリートの産駒にプリモディーネがいますし、リヴリアは母父でテイエムオーシャンを出しています。
というわけで、今回で注目したいのは、ニジンスキーを持ちながら、その条件を満たすタガノエルシコ・ナリタクリスタル。
後は、2頭の桜花賞馬を出しているディープインパクト。ディープインパクト×エリシオのフェタモルガーナですね。
ディープ自体も天皇賞(春)・菊花賞を勝っていますし、エリシオは凱旋門賞馬。
人気も手ごろでしょうし、ハンデも手ごろそうです。


 

 

後は、枠だね。
7番か、7枠に2013年は注目ですね。
なかなか難しいレースになりそうだね。
傾向がありそうで、難しそう・・・・
ただ、スタミナとパワーを兼ね備えた馬が良さそうだね。


 

 

中山巧者もよさそうです。
福島競馬場はプチ中山。
逃げ切ったと思って、最後の最後の直線で捕まるのは、そのせいなんです。
そのあたりに注目して予想してください。


 

七夕賞まとめ。

  • 差し・追込み有利。(特に、1800以下で届かなかった馬。)
  • ニジンスキーの血がいい。ただ、今後はダンチヒにも注目。
  • スタミナ×スタミナ血統だと勝ちきる。(過去ミヤビランベリが2連勝)→エクスペディションとフェタモルガーナ。
  • 近い枠順の馬が走る傾向にあり。
  • おそらく恵まれる条件がそろうのでしょう。

 

このあたり意識して予想しててください。

 

 

七夕賞とは。
正賞は福島県知事賞、福島商工会議所会頭賞。ハンデ重賞。2006年から、混合競争の国際競争に変更され、サマー2000シリーズに指定されています。ここを勝ったミヤビランベリとイタリアンレッドがサマー2000に優勝。基本ここを勝つような馬はG1では足りないのですが、サイレンススズカの悲劇の天皇賞で勝利したオフサイドトラップや、ダートでもG1を勝ったイーグルカフェが出ています。イタリアンレッドやミヤビランベリにしても、ここを勝ちきる馬は、複数の重賞を制覇しています。そして、適性外であるのに好走しているようなトーセンラータイプも、その後の活躍に注目です。2012年は、中山競馬場での開催になっているので、当サイトではのぞいています。過去のメイショウカイドウやサンバレンティン(父・スペシャルウィーク)もニジンスキーの血を持っており、このレースはやはり、ニジンスキーの血は重要です。

7月の重賞と言えば、七夕賞の予想!関連ページ

プロキオンステークスの予想のポイントとは?
中京競馬場開催が2年目となるプロキオンステークスの予想のポイントを書いていきます。まだ、1年ですが、ポイントの血統はこんな感じになりそうです。
函館2歳ステークスの予想と特徴
夏競馬がついに開幕。夏競馬は素人参加が減るため、馬券がシビアになりやすいと言われます。だからこそ、玄人でも消すような馬に賭ける勇気がいりますね。
函館記念の予想の手助けが欲しい人へ
函館記念の予想をする人へ。函館記念で好走する馬にはある父親がいることを知っていますか?あの天皇賞(春)馬の子どもが強いんです。
エルムステークスの予想のお供に|やっぱり強いあの種牡馬
夏の名物ダート重賞。1700メートルの重賞なので、スタミナ型のダート系種牡馬が活躍します。やはり、あの種牡馬の血に注目ですね。
中京記念の予想のポイント
新中京競馬場で行われる芝1600の重賞。それが中京記念。1600だからとマイラー血統を狙っていると痛い目を見る重賞と言えそうです。
クイーンステークスの予想のヒント!
クイーンステークスは2013年は札幌競馬場ではなくて、函館競馬場で行われます。傾向が変わるのか、そのままか、判断が難しいところですね。
アイビスサマーダッシュを予想するために必要なこと
新潟直線1000メートルの特殊な条件で行われるアイビスサマーダッシュ!!予想のしがいのあるレースですね。注目のその血統とは?