お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

2014年の日本ダービーの回顧

 

 

 

社台グループに切られた騎手による2連覇。

 

というのが、率直な感想ですね。

 

武豊騎手のキズナ、横山騎手のワンアンドオンリー。

 

どちらもノースヒルズ前田オーナーの馬です。

 

競馬最強の法則で、社台グループのクラシックの使い分けがここ一番で、
届かない馬をつくるのでは?と言われていましたが、その通りになりました。

 

強い馬たちがしのぎを削るから、もう一歩強くなるのであって、
日本ダービーという頂上決戦ではその経験が差になるのでは?と。

 

枠の差も大きかったと思いますが、
イスラボニータが勝てなかったのは、ワンアンドオンリーのように、強い馬たちと戦ってこなかったからかもしれません。

 

人との心のつながりが、時に奇跡を生むのが競馬。

 

その基本をノースヒルズさんは大事にしているのかなと感じました。

 

それから、川田騎手も印象的でした。

 

地下馬道を通るときに、ゴーグルを降ろして、
ピリピリモード。

 

馬って敏感だから、あれで、トゥザワールドは道中力んじゃったのかな、と。
ただ、へらへら馬の上で笑われていても嫌なんで、川田騎手はおそらくこの先に、もっとすごい騎手になっていそうです。

 

アンカツさんがハープスターが負けた理由に、道中、息が抜けなかったようなことをどこかでおっしゃっていました。

 

川田騎手の気負いが伝わってしまったのかもしれません。

 

じゃあ、いきなり達観した境地になれというのも違うと思います。

 

こうやってひとつひとつの壁を超えながら、彼はスゲー騎手になっていくんだろうなとそんな予感がしたわけです。

 

 

これで、社台グループが2年連続でダービーを取り逃しました。

 

これから、どう競馬が動くのか、楽しみです。

 

目黒記念は簡単にですが、
蛯名騎手のハートの強さにただただ感動です。

 

来年のダービージョッキーは蛯名騎手だ!

 

と信じています。

メニュー