お知らせ

2017年もけっこう当たる面白いオッズ解析ツール。マイクロソフトのエクセルがあるだけで動かせるので、手軽なのがいいですね。僕も、そうですが、遊びの1つとして、これくらいのおもちゃ代を出せる人だけが手に入れてください。
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の実践報告
>>>>2017年の「セブンスファイナル」の特典付きレビュー

ダート種牡馬パイロの特徴について

パイロ産駒の特徴について

 

通算成績17戦5勝

 

代表レース(フォアゴーS ダート1400M G1)

 

大敗と激走を現役生活では繰り返し、主にオールウェザーでは大敗を喫した。

 

北米で活躍した馬らしく、ほとんどが、ダート戦で活躍する馬を輩出する。
代表的な産駒はまだ登場していないが馬券でのポイントを押さえておいて損はしない。

 

■得意コース
函館コース・ダート
(複勝率は40%超え)
中京コース・ダート
(複勝率35%

 

札幌コースも相性が良く、力のいる馬場が合う。

 

 

 

■特注コース
京都D 1400Mは回収率が過去5年調べでも単・複とも100%超え!
(6-2-3-21)単勝回収率 130% 複勝回収率 110%

 

 

 

■血統構成
父プルピットは産駒にタピットを輩出していて、種牡馬として30万ドルまで跳ね上がった大種牡馬。
ピットファイターで武蔵野Sを勝っていることから東京コースのような軽い馬場でも、見限れなさそう。

 

 

また、馬場が悪くなった時に成績を上げることも覚えておきたい。

 

 

あまりメジャーではない種牡馬に詳しくなると穴馬券が拾いやすくなるので、マイナー種牡馬の取捨選択はおろそかにしてはいけないと感じます。

 

ダート変わりのパイロ産駒がいれば要注目ですよ。

この記事を読んで人は次の記事も読んでいます。

メニュー

ダート種牡馬パイロの特徴について関連ページ

アドマイヤコジーンについて
スノードラゴンを輩出。アドマイヤコジーンについて。