無料メルマガ講座のお知らせ

無料メルマガ講座

さて、CBC賞の予想のポイントです。新中京競馬場になって、力のある馬しかこれないイメージがあるので、2012年のように、穴馬の台頭があるか、ちょっと疑問ですね。と2013年の予想を書いたら、見事にその通りになりました。で、こういう年の後は、荒れるということで考えたいと思います。CBC賞とは。2012年から新中京競馬場で行われている。1着・マジンプロスパー・2着スプリングサンダー・3着ダッシャーゴーゴーで、前走G1出走馬がそろった。距離短縮やレースレベルの下がった馬を狙うのが基本となりそう。今後はG2からの馬も候補に。2013年は1〜3人気で決着。2014年は荒れそうです。距離短縮・レースレベル...
これで、しばらくG1はありませんね。人気馬がそのまま走ることもありますが、荒れるときはとことん荒れるレース。大きな馬券を狙っていきたいレースですね。ラジオNIKKEI賞とは。福島競馬場芝1800で行われるハンデ戦。東京や京都で負けていた馬、中山競馬場で成績の良かった馬が台頭します。ザカリヤ(サドラーズウェルズを内包)・ニューイングランド(チーフズクラウンを内包)といった種牡馬が活躍。スタミナとパワーに長けている種牡馬が活躍しています。パワーとスタミナを補完されている馬。凱旋門賞馬の血が特に良いようです。2013年でも言いましたが、主流の重賞よりも適性がズレる重賞です。ここでの好走馬でG1馬に出...
さて、ドリームレース宝塚記念の予想です。2014年も12頭と超現実的なレースとなりましたが、それでも、穴をねらっていくか、夢の結晶の実力馬がそのまま勝つか。楽しみなレースですね!!宝塚記念とは?阪神競馬場の2200で行われるレース。阪神の内回りのレースであり、スピードよりスタミナ。瞬発力より持久力。軽さよりパワーが問われるレース。トニービン、ニジンスキー、リボーといった凱旋門賞にゆかりのある血を持つ馬が強い。現にこの馬を勝ったオルフェーヴルやナカヤマフェスタが凱旋門賞2着している。このレースに強い産駒を出すグラスワンダーはその血統内にリボーを内包。ステイゴールド産駒が強いことや、インティライミ...
とりあえず、内枠の先行馬のノーザンダンサー系ですが、今年はストレイトガールですね。函館SSとは?函館競馬場の1200メートルの芝の重賞。内枠有利。ノーザンダンサー系の血を持つ馬が強い。先行馬。距離短縮馬。やっぱり、夏競馬は血統。だから、血統予想がいきる!では、部長お願いします。人気薄で来ている馬の共通点があるんですよね。一流馬は休憩してますから、やはり、適性が試されるんでしょうね。では、まずは、過去の血統をご覧ください。2013年良馬場14・パドトロワEスウェプトオーヴァーボード×フジキセキ5・シュプリームギフトDディープインパクト×スーヴェニアコビー1・フォーエバーマークBファルブラヴ×ダン...
3歳ダートチャンプ決定戦のユニコーンSです。といっても、この後も、やっぱりダート馬かも?みたいな馬がたくさん出てくるので、勝った馬が今後ダート界のナンバー1かは、また別ですが、楽しみな1戦ですね。過去には、グレープブランデーやバーディバーディがいます。これは、2013年でも言っていることです。2014年はアジアエクスプレスがどんな走りを見せてくれるのか楽しみです!ユニコーンステークスとは、東京の1600のダートで行われるGV。比較的人気馬が走る。ただし、人気馬が芝の1600メートルのG1を勝った種牡馬の産駒じゃないと厳しい面も。ダートの1600連対経験馬は強い。ここで狙える馬の血統はわりとはっ...
狙うなら、斤量の軽い人気薄か、斤量の重い過去の実力馬で人気落ちている馬か。それがマーメイドステークス。どちらにしても人気薄が手掛かりですね!マーメイドステークスとは?2000メートルの牝馬限定のハンデ戦。阪神競馬場の芝で行われる。ロベルトかグレイソブリン系を父か母父に持つ馬が強い。また、53キロ以下の軽ハンデ馬が激走するレースです。去年も実力馬マルセリーナが復活。他の相手が弱すぎるので、過去の実力馬が好走したりします。アロマティコが1番人気ですが、こういう前走G1だったから負けたけど、G3なら勝てそうで1番人気馬はコロっとこけてくれそうですね。と書いたら、3着でした。よく踏ん張ったという感じで...
さて、東京1800メートルの重賞。エプソムカップの予想をしてみたいと思います。ちょい荒れというイメージの重賞ですね。エプソムCとは?東京競馬場芝1800のG3。1800という非根幹距離なので、1800巧者。東京なので前走上がり1位か2位。そして、過去に好走していた馬にはグレイソヴリンの血を持つ馬が多くいました。2013年もハーツクライ産駒のジャスタウェイ、コジーンを持つサンレイレーザー。去年はジャスタウェイを指名し、見事2着。その後の活躍を見れば、一番、おいしかった時期かもしれませんね。今年はカルドブレッサに注目です。父グレイソブリン系に母父サンデーサイレンス。最もこのレースにあっていそうです...
さて、安田記念ですね。東京の1600のG1。多彩なメンバーがそろって予想がなかなか難しいG1というイメージです。去年は、ちょっとレース内容が残念でしたが、ディープインパクト産駒の取捨がこのレースのポイントですね。安田記念とは。東京競馬場1600のG1。マイル戦だが、ある程度のスタミナも要求される。前走速い上がりを使っている馬が穴をあける。SS系が不振で、ロベルト系、キングマンボ系、プリンスリーギフト系がいい。ただし、東京マイルはディープインパクトが強い。去年はショウナンマイティを推奨しました。今年はグランデッツァが面白そうですね。前走でかなりの馬たちを相手に、0秒9差。ゴールドシップやワールド...
日本ダービーの熱気がまだ残っている中、宝塚記念の前哨戦が始まりますね。宝塚記念の前哨戦なので、ステイゴールドとかの血が気になりますね。鳴尾記念とは。阪神競馬場の2000メートルの芝重賞。2012年から、宝塚記念の前哨戦となっています。東京競馬場と同じように、瞬発力がいりますが、坂を一瞬で駆け上るパワーも必要な1戦です。瞬発力が必要ですが、パワーも内包しているような馬じゃないと厳しいですね。去年の血統を見ていると、あの有名G1が出てきますね。基本ラインは、長距離G1血統×ダートG1血統なんですが、エクスペディションのように、長距離血統×長距離血統もよさそうですね。2013年良馬場10・トウケイヘ...